So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

明帝死去 [まゆみのえいご教材]

明帝死去
231年2月諸葛亮は祁山(きざん)に出陣し、まず隴西方面の収穫時期である麦を奪おうとした。
まゆみのえいご教材~~
Sho Katsuryo tried to take the field in keyama (Affected, oh.) and take the wheat which is a harvest time of the Rou western side first away in February, 231.
これに察知した司馬懿は、追撃するが諸葛亮の影武者に惑わされ帰陣する。
諸葛亮は、まんまと麦を奪う事に成功している。
つぎに、麦刈りの蜀軍を襲うが、孔明の神兵のからくりにかかり「神出鬼没の計」と嘆息した。
司馬懿は、孔明軍に夜襲をかけるが、諸葛亮が潜ませていた伏兵に背後を突かれ大敗、敗北し、態勢を立て直し再び攻めるが、強襲にあい敗走し、孔明に敗北するが、魏と呉が手を組んだという噂を流して、孔明を退却をさせた。
戦いでは常に孔明に先手を取られていたが、謀略では司馬懿の方が一枚上手だった。
まゆみのえいご教材~~
It was always forestalled by Kong-ming by a war, but Shibai was one-upmanship by a plot.
234年、諸葛亮は、最後の北伐を開始する。
対する司馬懿は、最初は孔明の木牛流馬(孔明の開発した輸送車)の 計にかかり、蜀の武将・廖化の伏兵にやられるが、渭水に陣をしき諸葛亮の策を見抜き大敗させた。しかし、司馬懿の偽投降させる作戦は、諸葛亮は見破り逆に利用し司馬懿を強襲し大勝する。
敗北した司馬懿は、祁山を襲うと見せかけ、上方谷の食糧基地を襲う作戦に出た。
しかし、孔明の命を受け、司馬懿を誘い出した魏延の罠にはまり、地雷だらけの陣におびき出されて、一族もろとも焼き殺されそうになるが、突然の雷雨で助かる。
まゆみのえいご教材~~
But it's trapped by gien which received the life of Kong-ming and asked Shibai out and is lured out to camps full of land mines, and, with a clan, it's nearly burned to death, but it's saved by a sudden thunderstorm.
(魏延も巻き添えを食らうところであったが、これは孔明が意図してやったのではないかという説もある)
司馬懿を殺せなかった孔明は大いに 嘆き悲しんだという。
両者の戦いは五分五分。
互いに譲らなかったが、諸葛亮が五丈原に布陣したとき、司馬懿は魏朝廷より持久戦をせよとの命令を受けていたため、諸葛亮が戦いを挑んでも決して撃ってでなかった。
しかし、孔明より婦人の装飾品を送りつけられた司馬懿は怒り、朝廷に決戦を願い出たが、司馬懿の部下達はこれを諌め、魏宮廷からの命令を徹底した。
そして、流星が諸葛亮の陣営に落ちてまもなくして、諸葛亮が病没し、蜀軍は退却をはじめた
司馬懿は諸葛亮の死を察知し追撃してくるが、諸葛亮の生前の退却作戦により逆に司馬懿が逃げ帰る形になった。
人々は「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」と言い、司馬懿を笑った。
まゆみのえいご教材~~
People said "I make Shiyokatsu who can die and Naka and others who can grow run." and laughed at Shibai.
(演義では、孔明の像を作り、それを見て諸葛亮が生 きていると仰天した司馬懿は、慌てて軍を退却させたという)
諸葛亮孔明という最大のライバルを退けた司馬懿は、部下に後を任せ中央に帰還した。
孔明が死去した3年後の237年、遼東の公孫淵が反旗を翻した。
明帝より討伐の勅命を受けた司馬懿は軍を率いてこれを破り、公孫淵を斬り、襄平を平定した。
しかし、2年後の239年。

明帝は幼い子の曹芳(そうほう)の補佐を司馬懿と曹爽(そうそう)に頼み死去する(34歳)
Emperor of Ming asks to assist with souhou of a young child (way where I meet) with Shibai in sousou (immediately), and dies (34 years old).


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

司馬懿 八卦の陣との出合い [いろいろ出会い]

司馬懿いろいろ八卦の陣との出合い

帰還した孔明は、敗戦処理で軍の規律上止むを得ず馬謖を斬り、丞相の職を辞任。
右将軍に降格した…
まゆみのえいご教材>>The rule top of an army cuts Bashoku with loss processing inevitably, and Kong-ming who returned resigns from the prime minister's work.
... demoted for the right general
11月の第二次北伐では、司馬懿は前々から陳倉の要衝に目をつけ守将に郝昭(かくしょう)を当たらせた。
孔明は、陳倉を攻めるやいなや新兵器で、改良した「雲悌」や「衝車」などを用いたり新戦術を用いたりしたが、ことごとく失敗に終わり20余日たっても陥落できなかった為、斜谷(やこく)に進出したが、曹真が守りを固めていたので撤収した。
しかし、陳倉の郝昭が、重病だと知り奇襲作戦をとる。陳倉城を陥落させ入城するが、張包死去の報が入り退却した。
230年、これまで防戦一方だった司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)は蜀を討つため、漢中へ出撃。
曹真、張郃らを従えて蜀へ侵攻した。
しかし、30日以上にもなる長雨が続き、戦線を維持できず撤収するが、孔明率いる蜀軍は、祁山で曹真を追撃してきた。
まゆみのえいご教材>>But the long rain from which more than 30 days have also passed continues, and the front can't be maintained, and I withdraw, but shokugun Kong-ming leads has chased after soumakoto in keyama.
孔明は、軍を二手に分け山越えをした兵と、敵兵を装った兵で曹真を討ち崩した。
また、諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)はその勢いで武都・陰平(いんぺい)の二郡を攻撃させ平定した。
司馬懿は、孔明の進軍を抑えるため陣形の勝負を挑んだ。
孔明は「八卦の陣(はっけのじん)」をしき、司馬懿にこれを破れるかと申した。
もちろん、こんなことを言われて黙っている司馬懿ではなく、八卦の陣を破りにきたが破れず敗走、戦いは孔明の勝利に終わる.

しかし、策略では司馬懿は負けていなかった。
まゆみのえいご教材>>But Shibai wasn't defeated in a scheme.
司馬懿は降伏してきた蜀兵に「孔明が謀反の疑いがある」という噂を流させると、その噂は蜀の首都成都に居る皇帝・劉禅の耳に入り、劉禅は孔明を呼び戻す。
孔明は撤退を余儀なくされた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

司馬懿「空城の計」との出会い [まゆみのえいご教材]

「空城の計」との出会い。
「空城の計」Absence castle strategy
明帝は、三郡の陥落と曹真大敗の報を聞く、太傅の鍾ヨウの進言で、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を復帰させ、元の職へと戻した。
以前に蜀から降服してきた孟達が蜀と通じていると知った司馬懿は、孟達に親書を送り時間を稼いだ。
~ここが、まゆみのえいご教材~
Shibai which got to know that Moutatu who has surrendered from Syoku before was well versed in Syoku sent the message to Moutatu, and gained time.
そして、すぐに大軍を整えて孟達を急襲した。この事については幕僚の間にも
「仮初めにも、孟達は魏に忠誠を誓った者、それに出師には詔が必要ですし、ここは陛下に上奏した方が良いのでは…?」
という意見があったが、司馬懿はこれを却下。独断で出撃し、見事に孟達を斬る。
(しかし、先鋒を務めた魏の武将・徐晃を此処で失ってしまう)
明帝は臨機応変に動き、叛乱を未然に防いだ司馬懿の働きを誉め、大将軍の位を与えた。
~Here, it is まゆみのえいご教材~
明帝 moved flexibly, praised work of Shibai which prevented the rebellion, and gave the generalissimo's.
大将軍に昇進した司馬懿は、蜀の丞相・諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)と対決するため、司馬懿は張郃(ちょうこう)らと大軍を率いて出陣した。
司馬懿出陣の報を聞いた孔明は、少ない人数でも対抗でき、要衝でもある街亭(がいてい)に、馬謖(ばしょく)・王平を先鋒隊として布陣させる。
しかし、孔明は山の周りにある数本細い道を囲むように布陣させるように命じたが、馬謖は策におぼれ頂上に布陣してしまう。
副将の王平はこの布陣に反対したが聞入られず、王平率いる一軍だけが細い道に布陣する。
迎撃しにきた司馬懿は、馬謖は孔明の弟子ということを知っていたため、山の細い道を抑えているのだろうと思ったが、蜀の布陣を見てみると、頂上に布陣している事が分かり、こう言った
『馬謖は兵法の基礎も知らんとはな…』
さっそく、司馬懿の軍は山を取り囲み水を絶たせた。水を絶たれた馬謖の軍からは、脱走者が続出する。
その頃、孔明は王平から送られてきた、街亭の布陣地図を見て絶句。すぐさま援軍を送るが、士気の限界に達した。
馬謖は、山を駆け下り突撃するが大敗する。王平の助けもあり、馬謖は救われたが、部隊は壊滅してしまう。
馬謖の先鋒隊が、壊滅状態になった孔明は止むをえず全軍を退却させた…
司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)は退却する蜀軍を追撃し、西城へと進軍した。
孔明の居た西城にはそんなに兵はいなかった。ここで、司馬懿を食い止めるしかないと思った孔明は一計を案じた。
旗を全ておろさせ、四方の門をあけさせ 香を焚くと、やぐらのうえから琴を弾き始めた。
~Here, it is まゆみのえいご教材~
All flags are made to take down and a gate on all sides is made to be opened. When the scent was burned, it was begun from on the tower to flip a koto.
進軍してきた司馬懿はこの様子を見ると「何か策があって、おびき寄せる策略だな」と思い、その場を退却した。
諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)が撤退した後になって、西城にはそんなに人数がいなかったことを知った司馬懿は、
「わしは孔明にはとてもかなわない…」
~ここが、まゆみのえいご教材~
"I could not win Koumei by any means --."
と思ったという
(これが、「空城の計」Absence castle strategy
と呼ばれるもので、一種のハッタリである)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士 [まゆみのえいご教材]

諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍人。字は孔明(こうめい)。
劉備(英語/英会話の発音 Liú Bèi)
曹操司馬(英語/英会話の発音 Cáo Cāo、ツァオツァオ)
関羽(英語/英会話の発音 Guān Yǔ クアンユー)
張飛(英語/英会話の発音 Zhāng fēi チャンフェイ)
諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)
趙雲(英語/英会話の発音 Zhào yún チャオユン)
夏侯惇(英語/英会話の発音 Xiàhóu dūn シアホウトゥン)
夏侯淵(英語/英会話の発音 Xiàhóu Yuān シアホウユアン)
懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
孫権(英語/英会話の発音 Sūn Quán スンクアン)
孫策(英語/英会話の発音 Sūn Cè スンツェー)
_________________________________________________

sibai.jpg

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け です。
今回の、まゆみの英会話教材 勉強は、「司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士」です。
名 司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
字 仲達(ちゅうたつ)
仕官先 曹操→曹丕→曹叡→曹芳
主な一族 司馬望(兄)司馬師(長男)、司馬昭(次男)、司馬炎(孫)
官職 丞相主簿→太子中庶子→侍中→驃騎将軍→大将軍→大尉→太傅→丞相
生年 179~251
河内郡温県孝敬里出身で、後漢王朝にであい仕えた司馬防の子。

若い頃から非凡な才能を見せ、博学で、特に儒教をよく学んだ。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
The extraordinary talent was shown from young time, and it is erudition and often studied especially Confucianism.

曹操が司空だったとき、優秀な人材との出合いを求めて、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を招いたが、彼は仮病を使って断った。
丞相となった曹操は、司馬懿が仮病を使っている事を知り、再び使者をだした。

さらに司馬懿への使者には司馬懿が任官を拒否した場合、「首に縄をかけてもつれてこい」と命令を与えていた。
Furthermore, when Mr.Shibi refused appointment for the messenger to Mr.Shibi, "taking, even if you cover a rope over a head", and a command were given.
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~

観念した司馬懿はついに、仕官することになる。
しかし、曹操にであい仕えていた時代は、特に大規模な戦争にも参加せず、後方勤務が多かったという。
彼が曹操に進言したことといえば、数えるくらいしかなかった。
司馬懿が曹操に出合い進言したことといえば…
・漢中制圧後、益州(蜀)を取るように進言。だが、聞き入れなかった(呉の動きが読めなかった為)。
・曹操に帝位に就くように勧めたが、曹操は帝位には就かなかった。
・関羽の許都攻撃の際、遷都を考えた曹操を諌め、徹底抗戦を進言。呉と密約を結ぶ。
・呉から関羽の首が送られてきた時、真意(責任転嫁)を見破って、関羽の首を丁重に葬った。
などが挙げられた。
曹操が魏王に任命され て魏国を建国後、太子(王子のようなもの)曹丕(そうひ)の中庶子(一族のことを司る官)として、出合い大事のたびに奇策を献じ、非常に信頼された。
後に、曹操が死去すると、国内に不安が生じたが、司馬懿は粛然とその葬儀を出合い取り仕切った。

~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
Behind, when Mr.Sousou died, uneasiness arose at home, but Mr.Shibai managed the funeral quietly.

文帝(曹丕)が即位すると、ともに憂いを分かち合うのだと言われたほど、信任が厚かった。
文帝が遠征するときは、留守を任されるほどだった。
文帝は死に際して、司馬懿・曹真・陳羣(ちんぐん)らに後事を託し、曹叡(そうえい)に彼らを信頼するよう言い残した。
やがて、明帝(曹叡)が即位すると、司馬懿は宛に駐屯し、荊州・予州の軍事権を与えられたが、司馬懿は明帝に上奏し、蜀漢王朝との国境、長安のある雍・涼の二州の守りについた
この司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)の行動に孔明はこれに大いに驚き、「今のうちに征伐を」と考えた。
雍・涼州を掌握されてしまえば、北伐は不可能になると考えたからである。
そこで、馬謖の献策により、洛陽や許都に流言をまいた。

その流言を信じた魏宮廷は司馬懿の官職を解いてしまう。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
Meitei which believed the rumor will solve the government post of Mr.Shibai.

突然出合い呼び戻された司馬懿は官職を失い、洛陽で謹慎処分を受けてしまった。
(司馬懿が雍・涼州に着任した理由は孔明らと組んで魏王朝に反旗を翻すからだと流言したため)
228年2月。

最大の敵を策略で封じた孔明は、北伐を開始、孔明の軍勢は魏軍を各サイトで屠った。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
As for Kung-Ming who stopped the greatest enemy with stratagem, the army of a start and Kung-Ming slaughtered Gi for the Hokubatsu in various places.
孔明の北伐が始まると、魏宮廷は慌てた。司馬懿の後任の曹真では、孔明を抑えることなど出来ないからである。

孔明は漢中から、祁山に出て本陣をしき長安に向けて攻める作戦をとる。
孔明は、南安・天水・安定の三サイトを攻略するが、魏の姜維に苦戦をしいられる。

ここで、奇策を用い「であい離間の計」で降伏させる。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
It is made to surrender with "the plan of estrangement" here usingaA new artifice.

続けて渭水(いすい)では、伏兵に出合い曹真は大敗した。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

孫子の兵法とは(2) [まゆみのえいご教材]

孫子の兵法とは(2)

百戦百勝は善の善なるものに非ず

百戦して百勝すれば好いことだと思うかもしれないが、実はそうでもない。
○まゆみのえいご漬け教材○
You might think that it would be a favorite thing if you battle a hundred wins, but in fact it is not.

百勝したとしても、犠牲を伴ったり、高いリスクがある勝負を繰り返していれば、百一回目の戦いに負けた時に甚大な被害を負うことになる。

たった一つのその負けが、命取りになることもある。

たとえ命拾いしたとしても、百の戦いに負けた相手たちの恨みや復讐心は消えることがない。

つまり、いずれにせよ安心して眠れる日は来ないということだ。

理想は、戦わずして勝つこと。

まずは、交渉によって相手を封じること。

それができなければ、諜報活動で相手を崩す。

武力行使は、あくまでも最後の選択肢だ。

誰でも勝利を目指そうとするかもしれないが、勝利はわれわれを増長させ、積み重なるほど心を傲慢にし、すべての勝利に余りある大きな敗北をもたらすことになる。


勝ちを求める限りは負けがつきまとう。

勝ち負けにこだわらないことによって、はじめて真の勝利が得られる。

孫子の兵法というと、戦いに関する戦略について書かれていると思うかもしれない。
だが、孫子が一番に言っていることは戦いは避けるべきであるということ。
だから、戦いの書ではなく、人の命を尊重する書なのである。

孫子の兵法をビジネスに活かすのなら、この点をまず肝に銘じる必要がある。

競合に打ち勝つのではなく、争わずに自社の利益を最大化する方法を考えるべきである。





故に勝を知るに五あり

孫子は、勝利する者は以下の5つの条件に当てはまっていると言う。
○まゆみのえいご漬け教材○
Sun Tzu says that the winner applies to the following five conditions.

その5つとは
「戦ってよい場合と戦ってはならない場合とを分別している者」
「多い兵力と少ない兵力のそれぞれの運用法に精通している者」
「上下の意思統一に成功している者」
「計略を仕組んで、それに気づかずにやってくる敵を待ち受ける者」
「将軍が有能で、君主が余計な干渉をしない場合」




必ず全きを以って天下に争う

無傷のままで獲得する方法で天下の勝利を争う。
○まゆみのえいご漬け教材○
Contest the victory of the world with a way to win intact.

相手を痛めつけず、無傷のまま味方に引き入れて、天下に覇を唱える――。

「これが実現できれば、先に述べたように、いちばん理想的に『戦わずして人の兵を屈する』最高の状況になるわけです」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -