So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(5) [出合い系]

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(5)

五十六万の軍で彭城を制する

houjyou.jpg



関中を手中に収めた劉邦(英語訳 Liu Bang)は、各地で項羽に対して反乱を起こし、自立している勢力と同盟を結び、五十六万と称した大軍を編成します。

そして項羽(英語名 Xiang Yu)の居城である楚の彭城に向けて進軍し、これを占拠します。


この時に項羽は中国の北東部にある斉の国で起きた反乱を鎮圧するために出陣しており、空き城を占拠したことになります。

しかし劉邦軍は大軍であるとは言っても雑多な寄り合い所帯に過ぎず、統制が取れていませんでした。

劉邦が盟主であるというだけで、さほど戦力の変わらない諸侯が集まっていたため、韓信の指揮も行き届かない状態になっていました。

彭城を陥落させた諸侯はいい気になり、宴を開いたり財宝を奪うなどして過ごしている内に、彭城を奪われたと知った項羽が、数万の精鋭を率いて引き返してきます。

そして五十六万の軍はただの一戦で打ち破られ、劉邦軍は散り散りとなって逃走しました。

韓信(英語 Han, Shin)も指揮を取るどころではなく、敗軍をまとめて滎陽(けいよう)という地で劉邦と合流します。

連合軍では項羽には勝てないと悟った劉邦陣営は、軍師である張良が中心となって新しい作戦を立て、それを実行に移します。

その鍵となるのが韓信の存在でした。


出典
まゆみの 英語会話教材の選び方&勉強法

  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(4) [いろいろ出会い]

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(4)

大将軍・韓信~関中を制する


韓信(英語 Han, Shin)の見立てのとおり、関中を分割支配する三人の王はその領民たちに恨まれていました。
そして領民たちは、劉邦軍が侵攻してくるとこれを歓迎します。
この事態には伏線がありました。
関中の三人の王たちは、かつて共に秦軍を率いていた将軍たちでした。
彼らは秦の末期に各地で起きた反乱を討伐するため、二十万の軍を編成し、その戦力で反乱軍を次々と討ち破って行きます。
この中には項羽(英語名 Xiang Yu)の叔父である項梁(こうりょう)も含まれています。
しかし三人は項梁の後を継いだ項羽と対戦して敗れ、降伏します。
項羽は結果として二十万にものぼる大量の捕虜を得てしまうことになり、この処遇に悩まされました。
項羽軍は三万程度の軍勢でしたから、自軍をはるかに上回る数の捕虜を抱えればその統制に困難を来たしますし、食料の確保も大変です。
項羽は結局、この二十万の捕虜を皆殺しにすることにしました。
夜間に捕虜たちを襲撃させ、三方から囲んで崖のある方へと追い込み、そこに投身させることで殺害してしまったのです。
これによって秦の民が数多く失われたことになり、それでいながら指揮官である三人だけが生き残りました。
そのうえ秦が滅んだ後で項羽から関中の王に任命され、自分たちだけが出世して支配者として戻ってきたのです。
項羽も恨まれたでしょうが、この三人の王たちもまた、秦の民衆たちに深く恨まれました。
一方で劉邦(英語訳 Liu Bang)は、以前に関中を占領した際に乱暴を働かず、秦の厳しい法律を緩和する方針を発表していたため、関中で人気がありました。
そのような背景があったので、劉邦軍の侵攻は歓迎され、その軍を見かけても三人の王に通報する者もいませんでした。
劉邦軍に野戦で敗れると、彼らはすぐに追いつめられ、やがて自害して滅亡します。
こうして劉邦は難なく関中の地を手に入れることに成功します。
韓信にとっても、これがはじめての大きな成功になりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(3) [いろいろ出会い]

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(3)

大将軍・韓信~最高司令官の地位との出合い。



望み通りに大将軍となった韓信(英語 Han, Shin)は、劉邦(英語訳 Liu Bang)に自分の考えた戦略を語ります。

項羽は強く、そして優しさも備えているが、それは「匹夫の勇、婦人の仁」であり、天下を制する王者にふさわしいものではない、と断じます。

項羽(英語名 Xiang Yu)の勇気は一個の戦士としての小さな勇気であり、大局を見て兵を動せるだけの戦略眼を持っていませんでした。

そのため、あちらで反乱が起きればあちらに飛びつき、こちらで反乱が起きればこちらに飛びつき、といった様子で大陸中を駆けずり回ることになります。

また、自分と仲のよい身近な相手には優しくできるのですが、能力の高い将軍たちにそれにふさわしい報奨を与えることを惜しんでおり、必ずしも陣営の統率は取れていませんでした。

一言でいえば子供っぽい人物だということになり、そのように、項羽は強くともつけいる隙があると指摘します。

そして項羽が関中の王に据えた者たちは関中の人民に恨まれており、これに対して関中で人気のある劉邦が攻めかかれば、たちまち関中を制することができるでしょう、とも指摘します。

韓信の項羽という人物と、関中の情勢に対する見立ては確かなものであり、この戦略眼の披露によって、韓信は自分の実力がその地位にふさわしいものであることを示します。

おそらくこういった内容をすでに蕭何に語っており、それゆえに蕭何は韓信を高く評価したのでしょう。

関中は巴蜀の北に位置する地域で、かつて秦がその根拠地として割拠し、天下を制する元になった重要な拠点です。

劉邦はまずこの関中の奪取を目的として挙兵し、韓信がその指揮を執ることになります。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(2) [出合い系]

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(2)

蕭何と出合い系良縁、彼の推薦を受ける

ここでも実績も、背景となる勢力もない韓信(英語 Han, Shin)は一兵卒として扱われ、仕事に不満を持って仲間と一緒に罪を犯し、処刑されそうになります。

そこで「天下を取ることを望むのなら、この韓信を処刑するのは間違いだぞ」などと騒ぎたて、それが劉邦(英語訳 Liu Bang)の側近・夏侯嬰(かこうえい)の目に止まり、罪を許されます。

そして治粟都尉(ちぞくとい)という軍の食料を管理する仕事につけられました。

韓信がしたいのは軍を率いて作戦を立て、敵を撃ち破る仕事であり、食料の管理ではありません。

そこで韓信は蕭何(しょうか)(英語訳 Xiao He)という劉邦からの信頼の厚い人物に出合い談じ込み、自分にふさわしい仕事を与えてくれるように求めます。

蕭何はこの無名の人物と何度も話す内に、その身に他に並ぶものがいないほどの軍才が宿っていることを悟り、高く評価します。
しかし韓信が急に高い地位につけられることはなく、やがて劉邦の陣営にも絶望した韓信は、逃亡してしまいます。

この時の劉邦は巴蜀(中国の南西部)という辺境の地に追いやられていた時期で、韓信に限らず劉邦の陣営から逃亡するものは後を絶ちませんでした。

蕭何は他の将軍たちが逃亡しても何もしませんでしたが、韓信が逃亡したと聞いた時はこれを追いかけて説得し、劉邦の元に連れ戻します。

この時に劉邦は、最も大事な家臣である蕭何までもが逃亡したのかと勘違いし、慌てます。

そして戻ってきた蕭何を詰問しますが、蕭何は「韓信だから追いかけたのです」と返答します。

「他の雑多な将軍などはいくらいなくなっても影響はありません。しかし天下を取ることを望むのであれば韓信は必要な人材です」と劉邦に説明します。

この時に「国士無双」という言葉で蕭何は韓信を評します。

そして劉邦軍の中で最も高い地位である、大将軍に韓信をつけるようにと劉邦に提案します。

劉邦は信頼する蕭何がそこまで熱心に推薦するのであれば、と受け入れ、韓信を抜擢して大将軍の地位を与えました。

いくら蕭何(英語訳 Xiao He)を信頼しているとは言え、無名の人物にいきなり軍の最高司令官の地位を与えてしまう劉邦も、やはりただ者ではありません。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(1) [出合い系]

劉邦との出合い系ご縁で、彼氏に天下を取らせた国士無双の大将軍 韓信

韓信(英語 Han, Shin)は劉邦(英語訳 Liu Bang)と出合い、仕えて大将軍となり、楚漢戦争の勝敗を決定する重要な役割を担った武将です。
卓越した作戦能力を持ち、戦えば常に勝利をおさめ、国士無双(比べられる者がいないほど優れた者)と呼ばれるにふさわしい人物でした。
しかし劉邦が天下を統一して漢の皇帝となってからは、その能力と領土の大きさから警戒されるようになり、最後は謀反を企てるものの、失敗して処刑されてしまいました。

そんな彼氏の生涯の出合い系良縁、悪縁や事績との出合いについて書いてみます。


韓信は臆病な怠け者と見られていた

韓信(英語 Han, Shin)は淮陰(わいいん)という水辺の街の、貧しい家に生まれました。
家産がなく、品行もよくなかったために職につけず、毎日ぶらぶらとして若い時期をすごしていました。
やむなく韓信は亭長(街の治安を担当する役人)のところに居候をし、長い剣一本だけを携えて無頼の暮らしをしていました。
しかしある時、あまりにも何もしないで無為に日を過ごしていたため、とうとうそこから追い出されてしまいます。
韓信は食べるものに困って街中をさまよっていると、みかねた老婆に出逢い、ら食事を提供してもらい、それでなんとか飢えをしのぎました。
また、韓信はこの頃に「長い剣を持って強そうに見せているが、実は臆病者ではないか」と疑った街の少年にからまれます。
そして「その剣で俺を斬ってみろ、それができなければ俺の股の下をくぐれ」と脅されます。
韓信は言われるがままに少年の股の下をくぐり、剣を抜くことはありませんでした。
このために物笑いのたねになり、「股くぐり」と呼ばれ、臆病者だという評判を立てられます。
このように、韓信は戦乱の時代が訪れる前には、なんとも益体のない生活を送っていたようです。
しかし当人には自分の内に巨大な軍事の才能があるという自負があり、いつか風雲が訪れた時には世に出て活躍するのだ、という夢想を抱いていたようです。
このように、うだつの上がらない人物が夢想との出合いで自分を慰めるのはよくあることですが、韓信の場合は本当に巨大な才能を持っていました。


戦乱との出合い系ご縁と項羽への仕官

韓信(英語 Han, Shin)の若き日々は、秦の始皇帝が中国系の統一に初めて成功した時期に当たります。
しかしこの統一政権は長く続かず、始皇帝の死後に各地で反乱が相次ぐようになり、大陸系が再び分裂状態に陥って行きました。
韓信にとっては望み通りに戦乱の時代が訪れ、自分の才能を世に示す機会が訪れたことになります。
韓信はまず初めに反乱軍の中心的な存在であった項羽(英語名 Xiang Yu)の陣営に行って採用され、そこで警備兵の職を割り当てられます。
韓信にとっては満足のいかない身分でしたが、それにめげずに項羽に幾度も出会い、戦いの献策をします。
しかしこれが取り上げられることはなく、やがて韓信はむなしく項羽の陣営を去っていきます。
これには項羽が軍を奮い立たせて敵を撃ち破る猛将系タイプの将軍であったため、韓信の提案する作戦に心をひかれなかったこと、作戦面では腹心の范増(はんぞう)以外の人材を求めていなかったこと、などが原因になったと思われます。
もしも項羽がここで韓信を指揮官として採用するだけの見識を持っていれば、劉邦(英語訳 Liu Bang)との戦いの勝敗は逆転していたでしょう。
ともあれ、項羽の元では浮かばれなかった韓信は、秦が倒れて項羽が覇王となった後、辺境に追いやられていた劉邦に仕官します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -