So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士 [まゆみのえいご漬け]

諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話発音 Zhū gě liàng)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍人。字は孔明(こうめい)。
劉備(英語/英会話の発音 Liú Bèi)
曹操司馬(英語/英会話の発音 Cáo Cāo、ツァオツァオ)
関羽(英語/英会話の発音 Guān Yǔ クアンユー)
張飛(英語/英会話の発音 Zhāng fēi チャンフェイ)
諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)
趙雲(英語/英会話の発音 Zhào yún チャオユン)
夏侯惇(英語/英会話の発音 Xiàhóu dūn シアホウトゥン)
夏侯淵(英語/英会話の発音 Xiàhóu Yuān シアホウユアン)
懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
孫権(英語/英会話の発音 Sūn Quán スンクアン)
孫策(英語/英会話の発音 Sūn Cè スンツェー)
_________________________________________________

sibai.jpg

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け です。
今回の、まゆみの英会話教材 勉強は、「司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士」です。
名 司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
字 仲達(ちゅうたつ)
仕官先 曹操→曹丕→曹叡→曹芳
主な一族 司馬望(兄)司馬師(長男)、司馬昭(次男)、司馬炎(孫)
官職 丞相主簿→太子中庶子→侍中→驃騎将軍→大将軍→大尉→太傅→丞相
生年 179~251
河内郡温県孝敬里出身で、後漢王朝にであい仕えた司馬防の子。

若い頃から非凡な才能を見せ、博学で、特に儒教をよく学んだ。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
The extraordinary talent was shown from young time, and it is erudition and often studied especially Confucianism.

曹操が司空だったとき、優秀な人材との出合いを求めて、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を招いたが、彼は仮病を使って断った。
丞相となった曹操は、司馬懿が仮病を使っている事を知り、再び使者をだした。

さらに司馬懿への使者には司馬懿が任官を拒否した場合、「首に縄をかけてもつれてこい」と命令を与えていた。
Furthermore, when Mr.Shibi refused appointment for the messenger to Mr.Shibi, "taking, even if you cover a rope over a head", and a command were given.
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~

観念した司馬懿はついに、仕官することになる。
しかし、曹操にであい仕えていた時代は、特に大規模な戦争にも参加せず、後方勤務が多かったという。
彼が曹操に進言したことといえば、数えるくらいしかなかった。
司馬懿が曹操に出合い進言したことといえば…
・漢中制圧後、益州(蜀)を取るように進言。だが、聞き入れなかった(呉の動きが読めなかった為)。
・曹操に帝位に就くように勧めたが、曹操は帝位には就かなかった。
・関羽の許都攻撃の際、遷都を考えた曹操を諌め、徹底抗戦を進言。呉と密約を結ぶ。
・呉から関羽の首が送られてきた時、真意(責任転嫁)を見破って、関羽の首を丁重に葬った。
などが挙げられた。
曹操が魏王に任命され て魏国を建国後、太子(王子のようなもの)曹丕(そうひ)の中庶子(一族のことを司る官)として、出合い大事のたびに奇策を献じ、非常に信頼された。
後に、曹操が死去すると、国内に不安が生じたが、司馬懿は粛然とその葬儀を出合い取り仕切った。

~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
Behind, when Mr.Sousou died, uneasiness arose at home, but Mr.Shibai managed the funeral quietly.

文帝(曹丕)が即位すると、ともに憂いを分かち合うのだと言われたほど、信任が厚かった。
文帝が遠征するときは、留守を任されるほどだった。
文帝は死に際して、司馬懿・曹真・陳羣(ちんぐん)らに後事を託し、曹叡(そうえい)に彼らを信頼するよう言い残した。
やがて、明帝(曹叡)が即位すると、司馬懿は宛に駐屯し、荊州・予州の軍事権を与えられたが、司馬懿は明帝に上奏し、蜀漢王朝との国境、長安のある雍・涼の二州の守りについた
この司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)の行動に孔明はこれに大いに驚き、「今のうちに征伐を」と考えた。
雍・涼州を掌握されてしまえば、北伐は不可能になると考えたからである。
そこで、馬謖の献策により、洛陽や許都に流言をまいた。

その流言を信じた魏宮廷は司馬懿の官職を解いてしまう。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
Meitei which believed the rumor will solve the government post of Mr.Shibai.

突然出合い呼び戻された司馬懿は官職を失い、洛陽で謹慎処分を受けてしまった。
(司馬懿が雍・涼州に着任した理由は孔明らと組んで魏王朝に反旗を翻すからだと流言したため)
228年2月。

最大の敵を策略で封じた孔明は、北伐を開始、孔明の軍勢は魏軍を各サイトで屠った。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
As for Kung-Ming who stopped the greatest enemy with stratagem, the army of a start and Kung-Ming slaughtered Gi for the Hokubatsu in various places.
孔明の北伐が始まると、魏宮廷は慌てた。司馬懿の後任の曹真では、孔明を抑えることなど出来ないからである。

孔明は漢中から、祁山に出て本陣をしき長安に向けて攻める作戦をとる。
孔明は、南安・天水・安定の三サイトを攻略するが、魏の姜維に苦戦をしいられる。

ここで、奇策を用い「であい離間の計」で降伏させる。
~ここが、まゆみのえいご漬け教材~
It is made to surrender with "the plan of estrangement" here usingaA new artifice.

続けて渭水(いすい)では、伏兵に出合い曹真は大敗した。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

孫子の兵法とは(2) [まゆみのえいご漬け]

孫子の兵法とは(2)

百戦百勝は善の善なるものに非ず

百戦して百勝すれば好いことだと思うかもしれないが、実はそうでもない。
○まゆみのえいご漬け教材
You might think that it would be a favorite thing if you battle a hundred wins, but in fact it is not.

百勝したとしても、犠牲を伴ったり、高いリスクがある勝負を繰り返していれば、百一回目の戦いに負けた時に甚大な被害を負うことになる。

たった一つのその負けが、命取りになることもある。

たとえ命拾いしたとしても、百の戦いに負けた相手たちの恨みや復讐心は消えることがない。

つまり、いずれにせよ安心して眠れる日は来ないということだ。

理想は、戦わずして勝つこと。

まずは、交渉によって相手を封じること。

それができなければ、諜報活動で相手を崩す。

武力行使は、あくまでも最後の選択肢だ。

誰でも勝利を目指そうとするかもしれないが、勝利はわれわれを増長させ、積み重なるほど心を傲慢にし、すべての勝利に余りある大きな敗北をもたらすことになる。


勝ちを求める限りは負けがつきまとう。

勝ち負けにこだわらないことによって、はじめて真の勝利が得られる。

孫子の兵法というと、戦いに関する戦略について書かれていると思うかもしれない。
だが、孫子が一番に言っていることは戦いは避けるべきであるということ。
だから、戦いの書ではなく、人の命を尊重する書なのである。

孫子の兵法をビジネスに活かすのなら、この点をまず肝に銘じる必要がある。

競合に打ち勝つのではなく、争わずに自社の利益を最大化する方法を考えるべきである。





故に勝を知るに五あり

孫子は、勝利する者は以下の5つの条件に当てはまっていると言う。
○まゆみのえいご漬け教材○
Sun Tzu says that the winner applies to the following five conditions.

その5つとは
「戦ってよい場合と戦ってはならない場合とを分別している者」
「多い兵力と少ない兵力のそれぞれの運用法に精通している者」
「上下の意思統一に成功している者」
「計略を仕組んで、それに気づかずにやってくる敵を待ち受ける者」
「将軍が有能で、君主が余計な干渉をしない場合」




必ず全きを以って天下に争う

無傷のままで獲得する方法で天下の勝利を争う。
○まゆみのえいご漬け教材○
Contest the victory of the world with a way to win intact.

相手を痛めつけず、無傷のまま味方に引き入れて、天下に覇を唱える――。

「これが実現できれば、先に述べたように、いちばん理想的に『戦わずして人の兵を屈する』最高の状況になるわけです」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

孫子の兵法とは [まゆみのえいご漬け]

孫子○まゆみのえいご漬け教材
孫子の兵法とは

heihou.jpg
中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。
後に武経七書の一つに数えられている。
古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。

『孫子』の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武は戦史研究の結果から、戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析した。
『孫子』の意義はここにある。


兵は詭道なり

戦とは騙しあいである、ということ。
○まゆみのえいご漬け教材○
It means that fighting is cheating.

基本的には、企業VS企業を想定したほうがイメージしやすいだろう。
できるのにできないふりをして見せたり、欲しいものを要らないように見せたり、提携しているのに敵対しているように見せたり、争っているように見せて裏では手を組んだりと。
お客に対しても、どうしてもこの契約をとりたいという気持ちはグッとこらえて、申し込みが殺到しているのでしばらく待ってもらうというように話を進めてみたり、競合にあえて参戦してもらい、混乱させる仕掛けを作っておいて失敗させ、うちと契約したほうが有利だと思わせるなどいくらでも応用することができる。
人を傷つけて騙す詐欺のようなものは許しがたいが、市場に参加した者同士が相手を欺き有利にことを進めんとすることは必然的なことだろう。



智者の慮は必ず利害に雑う

お客さんに何かを買わせるためには、とにかく利を説くこと。
○まゆみのえいご漬け教材○
In order to make customers buy something, preach the interest anyway.
害も利に言い換えて、利によって客の心を動かす。
もしくは、害のある状態をしっかりと認識させて、利に変える方法を丁寧に説明する。
普通の人はこれで動く。
だが、こういった甘言に流されるのは智者ではない。
利と害についてしっかりと分析し、何をすべきかを考えそれを実行するのが智者である。
智者は利だけでなく、また害だけでもなく、両方を合わせてよく考える。



善く戦うものは人を致して人に致されず

戦いがうまい人は、主導権を握り、主導権を渡さない。
○まゆみのえいご漬け教材○
People who are good at battle take the initiative and do not give the initiative.
主導権を握るためには、大きな流れを把握して臨機応変な判断をしなければいけない。
そのためには、基礎として目的・戦略・戦術が頭の中に出来上がっていなければいけない。
主導権を握って離さないというのは、ピラミッドの頂点の要素であり、それを支える土台がしっかりしてこそできる技である。



善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり

戦が上手な者は、勝ちやすい状況で戦って 勝つのである。
○まゆみのえいご漬け教材○
Those who are good at battle fight and win in a winning situation.
営業が苦手な人は、余計なことを言ったり、相手の言ったことに対して適切な反応をしないために、余計なフォローばかりに追われて契約に至らない。
営業が得意な人は、事前に相手の反応を想定し、それに対する対応を用意しておき自然と契約に至る流れに持っていく。
緩やかな川の流れのように、乱れず流れるがままに契約に至る。
全体の流れをあらかじめイメージしておき、支流に流れる前に、本流に誘導していくことで、余裕をもってことを進めることができる。
一度支流に流れてしまえば、一流の営業マンでも元に戻すのは一筋縄ではいかない。
自然の流れを利用すれば、ウォータースライダーのように枠を作り、そこを水の流れとともに顧客をスムーズに流し着水まで持っていける。
後手後手ではなく、先手先手で動いていく、それでこそ
「善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり」ということである。




彼を知り己を知れば、百戦して危うからず

戦において、敵と味方のことを熟知してい れば負ける心配はない。
○まゆみのえいご漬け教材○
There is no worry about losing if you are familiar with enemies and friends in the war.
孫子のこの言葉は有名であり、また似たような概念の言葉もたくさんある。
なので、誰もが知識としては相手を知ること、自分を知ることの重要性は知っている。
だが、それを行動として実践できる人となると、極端に少なくなる。
言葉を知っているだけでは、何の役にも立たない。
言葉の意味を理解して、行動に落とし込んでこそ役立てることができる。
まず簡単に、孫子の理論を使いたいのであれば、SWOT分析を使うのもいい。
SWOT分析とは、強味・弱み・機会・脅威の頭文字をとった言葉。
これを、自分と相手方の分析をして比較する。
孫子の兵法を実践するには、シンプルで簡単に使えるツールなどを利用して普段の生活の中に落とし込んでルーチン化することである。
シンプルでなければ続かないし、簡単でなければ使えない。
そして、実践しなければ役に立たない。
できる人は、シンプルで簡単なことを当たり前のようにやり続けている。
複雑な物事も細分化し、シンプルな事象の複合と考える。
だから百回、戦おうとも難なく勝つことができる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

孫子○まゆみのえいご漬け教材○ [まゆみのえいご漬け]

二つの孫子(英語名 Sunzi)

「孫子」には、ふたつの意味が有ります。
○まゆみのえいご漬け教材
"Sun Tzu" has two meanings.

孫子(1)中国の春秋時代の武将、孫武の尊称。
孫子 (2) - 中国の古来から知られている、孫武(英語表記 Sonbu)の作とされる兵法書。
『孫子』(英語名 Sunzi)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。
武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。

sonshi.jpg

『孫子』(英語名 Sunzi)以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武(英語表記 Sonbu)は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為によることを知り、勝利を得るための指針を理論化して、本書で後世に残そうとした。

構成

以下の13篇からなる。
計篇 - 戦争を決断する以前に考慮すべき事柄について述べる。
作戦篇 - 戦争準備計画について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The strategy volume - a war plan of preparations is described.

謀攻篇 - 実際の戦闘に拠らずして、勝利を収める方法について述べる。
形篇 - 攻撃と守備それぞれの態勢について述べる。
勢篇 - 上述の態勢から生じる軍勢の勢いについて述べる。
虚実篇 - 戦争においていかに主導性を発揮するかについて述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The volume of truth and fiction-It's described how to show lead in a war.

軍争篇 - 敵軍の機先を如何に制するかについて述べる。
九変篇 - 戦局の変化に臨機応変に対応するための9つの手立てについて述べる。
行軍篇 - 軍を進める上での注意事項について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The march volume - notice for advancing an army, is described.

地形篇 - 地形によって戦術を変更することを説く。
九地篇 - 9種類の地勢について説明し、それに応じた戦術を説く。
火攻篇 - 火攻め戦術について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The fire attack volume - a fire attack grand tactic is described.

用間篇 - 「間」とは間諜を指す。すなわちスパイ。敵情偵察の重要性を説く。

祖龍の死 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け
祖龍の死

不吉な暗示

『史記』によると、始皇36年(前211年)に東郡(河南・河北・山東の境界に当たる地域)に落下した隕石に、何者かが「始皇帝死而地分」(始皇帝が亡くなり天下が分断される)という文字を刻みつける事件が起きた。

周辺住民は厳しく取り調べられたが犯人は判らず、全員が殺された上、隕石は焼き砕かれた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
The neighboring inhabitants were investigated strictly, but I baked it, and the meteorite was crushed after the criminal did not know it, and all the members were murdered.

空から降る隕石に文字を刻むことは、それが天の意志であると主張した行為であり、渦巻く民意を代弁していた。

鉄隕石にはニッケル・鉄比の異なるカマサイトとテーナイトの二相からなる視覚的に特徴ある組織が観察され、それが解釈の仕様によっては漢字のように見える場合がある。

従って、当時落下した鉄隕石が後に伝説となった可能性がある。

また同年秋、ある使者が平舒道という所で出くわした人物から「今年祖龍死」という言葉を聞いた。

その人物から滈池君へ返して欲しいと玉璧を受け取った使者は、不思議な出来事を報告した。

次第を聞いた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、祖龍とは人の先祖のこと、それに山鬼の類に長い先のことなど見通せまいとつぶやいた。

しかし玉璧は、第1回巡遊の際に神に捧げるため長江に沈めたものだった。

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は占いにかけ、「游徙吉」との告げを得た。


そこで「徙」を果たすため3万戸の人員を北方に移住させ、「游」として始皇37年(前210年)に4度目の巡遊に出発した。



最後の巡遊

末子の胡亥と左丞相の李斯(英語名: Rishi)を伴った第4回巡遊は東南へ向かった。

これは、方士が東南方向から天子の気が立ち込めているとの言を受け、これを封じるために選ばれた。

500年後に金陵(南京)にて天子が現れると聞くと、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は山を削り丘を切って防ごうとした。

また、海神と闘う夢を見たため弩を携えて海に臨み、之罘で大鮫魚を仕留めた。

ところが、平原津で始皇帝は病気となった。

症状は段々と深刻になり、ついに蒙恬の監察役として北方にとどまっている正統な後継者である長子の扶蘇(英語名: Huso)に「咸陽に戻って葬儀を主催せよ」との遺詔を作成し、信頼を置く宦官の趙高に託した。

7月、始皇帝は沙丘の平台(現在の河北省平郷)で亡くなった。

伝説によると、彼は宮殿の学者や医師らが処方した不死の効果を期待する水銀入りの薬を服用していたという。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
According to the legend, it is said that he took mercury medicine containing it expecting the immortal effect that a scholar and doctors of the palace prescribed. .

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -