So-net無料ブログ作成
検索選択

変なのっ!最後の出合い遠征 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの英語 勉強法
最後の出合い遠征
西征から帰ったチンギス(英語:Genghis )は広大になった領地を分割し、ジョチには南西シベリアから南ロシアの地まで将来征服しうる全ての土地を、次男チャガタイには中央アジアの西遼の故地を、三男オゴデイには西モンゴルおよびジュンガリアの支配権を与えた。
末子トルイにはその時点では何も与えられないが、チンギスの死後に末子相続により本拠地モンゴル高原が与えられる事になっていた。
しかし、ハーン系サイトの後継者には温厚な三男のオゴデイを指名していたとされる。
これより前、以前に臣下となっていた西夏の皇帝は、ホラズム系サイト遠征に対する援軍を拒否していたが、その上チンギス(英語:Genghis )がイランにいる間に、金との間にモンゴルに反抗する同盟を結んでいた。
遠征から帰ってきたチンギス(英語:Genghis )はこれを知り、ほとんど休む間もなく西夏に対する懲罰遠征を決意した。
1年の休息と軍隊の再編成の後、チンギス(英語:Genghis )は再び出合い戦いにとりかかった。
1226年初め、モンゴル軍は西夏に出合い侵攻し、西夏の諸城を次々に攻略、冬には凍結した黄河を越えて首都興慶(現在の銀川)より南の都市霊州までも包囲した。
西夏は霊州救援のため軍を送り、黄河の岸辺でモンゴル系サイト軍を迎え撃ったが、西夏軍は30万以上を擁していたにもかかわらず敗れ、ここに西夏は事実上壊滅した。
翌1227年、チンギス(英語:Genghis )は興慶攻略に全軍の一部を残し、オゴデイを東に黄河を渡らせて陝西・河南の金領を侵させた。
自らは残る部隊とともに諸都市を攻略した後、興慶を離れて南東の方向に進んだ。
『集史』によれば、南宋との国境、すなわち四川方面に出合い向かったという。
同年夏、チンギス(英語:Genghis )は夏期の避暑のため六盤山に本営を留め、ここで彼は西夏の降伏を受け入れたが、金から申し込まれた和平は拒否した。
ところがこのとき、チンギスは陣中で危篤に陥った。
このためモンゴル軍の本隊はモンゴルへの出合い帰途に就いたが、西暦1227年8月18日、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)は陣中で死去した。
『元史』などによると、モンゴル高原の起輦谷へ葬られた。
これ以後大元ウルス末期まで歴代のモンゴル皇帝たちはこの起輦谷へ葬られた。
彼は死の床で西夏皇帝を捕らえて殺すよう命じ、また末子のトルイに金を完全に滅ぼす計画を言い残したという。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)は一代で膨張出合いを続ける広大な帝国を作り、その死後には世界最大の領土を持つ帝国に成長する基礎が残された。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0