So-net無料ブログ作成
検索選択

変なのっ!いろいろ始皇帝(英語: Qin Shi Huang)王朝byまゆみの英語 勉強法 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの英語 勉強法
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)王朝

中国系サイトが統一され、初めて強大なひとりの権力者の支配に浴した。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
Chinese sites were unified and were favored with the rule of powerful one man of power for the first time.

最初に秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は、重臣の王綰・馮劫・李斯らに称号を刷新する審議を命じた。
それまで用いていた「王」は周朝系サイトの時代こそ天下にただ一人の称号だったが、春秋・戦国時代を通じ諸国が成立し、それぞれの諸侯が名乗っていた。
統一を成し遂げた後には「王」に代わる尊称が求められた。
王綰らは、五帝さえ超越したとして三皇の最上位である「秦皇」の号を推挙し、併せて指示を「命」→「制」、布告を「令」→「詔」、自称を謙譲的な「寡人」→「朕」にすべしと答申した。
秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は号のみ自ら変え、新たに「皇帝」の称号を使う決定を下した。
なお、戦国時代の秦王は、斉王とともに、一時期であるが西帝・東帝を名乗っていた。

また秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は、王の行いを評して死後贈られる謚の制度を、臣下が君主をあげつらうものとして廃止した。
そして自らを「始皇帝」とし、次代から「二世」「三世」と数えるように定めた。

五徳終始(出合い系良縁)

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はまた戦国時代に成立した五行思想(木、火、土、金、水)と王朝交代を結びつける説を取り入れた。
これによると、周王朝系サイトは「赤」色の「火」で象徴される徳を以って栄えたと考えられる。
続く秦王朝は相克によって「火」を討ち滅ぼす「黒」色の「水」とされた。
この思想を元に、儀礼用衣服や皇帝の旗(旄旌節旗)には黒色が用いられた。
五行の「水」は他に、方位の「北」、季節の「冬」、数字の「6」でも象徴された。

政治の出合い系悪縁良縁

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は周王朝時代から続いた古来の支配者観を根底から覆した。
政治支配は中央集権が採用されて被征服国は独立国の体を廃され、代わって36の郡が置かれ、後にその数は48に増えた。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
As for the political rule, centralization was adopted, and, in the cover conquest country, the body of the independent country was abolished, and they were replaced, and 36 counties were put, and the numbers increased to 48 later. .

郡は「県」で区分され、さらに「郷」そして「里」と段階的に小さな行政単位が定められた。
これは郡県制を中国全土に施行したものである。

統一後、臣下の中では従来の封建制を用いて王子らを諸国に封じて統治させる意見が主流だったが、これは古代中国で発生したような政治的混乱を招くと強硬に主張した李斯の意見が採られた。
こうして、過去の緩やかな同盟または連合を母体とする諸国朝系サイトは刷新された。
伝統的な地域名は無くなり、例えば「楚」の国の人を「楚人」と呼ぶような区別はできなくなった。

人物登用も、家柄に基づかず能力を基準に考慮されるようになった。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
Ability came to be considered by a standard without the person appointment being based on family's social standing.


経済その他出合い系悪縁良縁

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)と李斯は、度量衡や通貨、荷車の軸幅(車軌)、また位取り記数などを統一し、市制の標準を定めることで経済の一体化を図った。
さらに、各地方の交易を盛んにするため道路や運河などの広範な交通網を整備した。
各国でまちまちだった通貨は半両銭に一本化された。
そして最も重要な政策に、漢字書体の統一が挙げられる。
李斯は秦国内で篆書体への一本化を推進した。
皇帝が使用する文字は「篆書」と呼ばれ、これが標準書体とされ臣下が用いる文字は「隷書」として、程邈という人物が定めたというが、一人で完成できるものとは考えにくい。
その後、この書体を征服したすべての地域でも公式のものと定め、中国全土における通信網を確立するために各地固有の書体を廃止した。

度量衡を統一の出合い系縁のため、基準となる長さ・重さ・容積の標準器が製作され各地に配られた。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
The standard of length, weight, the capacity to become the standard was produced, and the weights and measures were distributed to each place for a pro-encounter of the unification relationship.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0