So-net無料ブログ作成
検索選択

変なのっ!始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)大土木工事 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご教材
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)
大土木工事

咸陽と阿房宮

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は各地の富豪12万戸を首都・咸陽に強制移住させ、また諸国の武器を集めて鎔かし十二金人(英語版)を製造した。
これは地方に残る財力と武力を削ぐ目的で行われた。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
This was performed for the purpose of chipping financial power and military power to remain in the district.

咸陽城には滅ぼした国から鐘鼓や美人などが集められ、その度に宮殿は増築を繰り返した。
人口は膨張し、従来の渭水北岸では手狭になった。

始皇35年(前212年)、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は皇帝の居所にふさわしい宮殿の建設に着手し、渭水南岸に広大な阿房宮建設に着手した。
ここには恵文王朝系サイト時代に建設された宮殿があったが、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はこれを300里前後まで拡張する計画を立てた。
最初に1万人が座れる前殿が建設され、門には磁石が用いられた。
居所である紫宮朝系サイトは四柱が支える大きなひさし(四阿旁広)を持]巨大な宮殿であった。

名称「阿房」の由来には諸説あり、「阿」が近いという意味から咸陽近郊の宮を指すとも、四阿旁広の様子からつけられたとも、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に最も寵愛された妾の名とも言われる。

始皇帝陵

秦王に即位した紀元前247年には自身の陵墓建設に着手した。
それ自体は寿陵と呼ばれ珍しいことではないが、陵墓は規模が格段に大きかった。
阿房宮の南80里にある驪山(所在地:北緯34度22分52.75秒 東経109度15分13.06秒)が選ばれ始められた建設は、統一後に拡大された。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の晩年には建設に70万人もの労働者が動員されたという記録がある。

木材や石材が遠方から運ばれ、地下水脈に達するまで掘削した陵の周囲は銅で固められた。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
Wood and building stones were carried from the distant place, and the people of the Imperial mausoleum that I dug until I reached the water vein under the ground were hardened with copper.

その中に宮殿や楼観が造られた。
さらに水銀が流れる川が100本造られ、「天体」を再現した装飾がなされ、侵入者を撃つ石弓が据えられたという。
珍品や豪華な品々が集められ、俑で作られた官臣が備えられた。
これは、死後も生前と同様の生活を送ることを目的とした荘厳な建築物であり、現世の宮殿である阿房宮との間80里は閣道で結ばれた。

1974年3月29日、井戸掘りの農民たちが兵馬俑を発見したことで、始皇帝陵は世界的に知られるようになった。
ただし、始皇帝を埋葬した陵墓の発掘作業が行われておらず、比較的完全な状態で保存されていると推測される。
現代になり、考古学者は墓の位置を特定して、探針を用いた調査を行った。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
At this chance mercury that density was about 100 times higher than the natural world was discovered and was confirmed when a building treated a legend like was a fact.


万里の長城


中国朝系サイトは統一されたが、始皇帝はすべての敵を殲滅できたわけではなかった。
それは北方および北西の遊牧民であった。
戦国七雄が争っていたころは匈奴も東胡や月氏と牽制し合い、南に攻め込みにくい状態にあった。
しかし、中国統一のころには勢力を強めつつあったので、防衛策を講じた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
However, I took a defense because I was strengthening power in the days of the unification in China.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は蒙恬を北方防衛に当たらせた。
そして巨大な防衛壁建設に着手した。
何十万という人々が動員され、数多い死者を出し造られたこの壁は、現在の万里の長城の前身にあたる。
これは、過去400年間にわたり趙や中山国など各国が川や崖と接続させた小規模な国境の壁をつなげたものであった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0