So-net無料ブログ作成
-| 2010年10月 |2010年11月 ブログトップ

「ソラカラちゃん」とサブキャラクター [まゆみのえいご教材]

2012年春の開業を目指し現在建設中の東京スカイツリー(東京都墨田区)の公式キャラクター「ソラカラちゃん」とサブキャラクターの「テッペンペン」、「スコブルブル」が28日、お披露目された。今後、東京スカイツリーの広告やWebサイト、イベント、公式ブログ等に登場するほか、2011年からは公式グッズに登場し“タワーの顔”として活動していく予定。

【写真】愛らしいポーズをキメる 「ソラカラちゃん」のイラスト一覧

 星の形の頭が特徴の「ソラカラちゃん」は、宇宙にある“とんがり星”出身。首から下げている望遠鏡で東京の街を見ていたら飛びぬけて高いツリーが目にとまり、好奇心をくすぐられて東京スカイツリーにやってきた…という。

 サブキャラクターは「ソラカラちゃん」が東京スカイツリーで初めて出会った友達。ペンギンのような「テッペンペン」はちょっとミーハーでおしゃれ好きな女の子、「スコブルブル」は下町の生き字引的なおじいさん。宣伝活動ではこれらキャラクターがそれぞれの個性を生かした最新ニュースや“うんちく”などを紹介し、新しい東京スカイツリーの魅力と墨田区の下町の風情を幅広い世代に訴求していく。

 東京スカイツリーは2008年7月に着工。2009年4月6日より鉄骨の組み上げ工事に取り掛かり、2010年3月29日に東京タワーの333mを越え、「日本一高い建造物」になった。東武タワースカイツリー社の最新発表によると、タワーは23日現在で497mに到達している。

 なお、同タワーが建築されている周辺エリアにはタワー近隣の5商店会が作ったキャラクター「おしなりくん」がいるが、同社は「どういった出会いになるかわからないが、盛り上がるような出会いになるといいなと思う」と語り「(ライバルではなく)とっても仲のいい友達になれれば」と、今後の展開について期待を込めた。



米代表チームの水泳選手がレース中に死亡 [まゆみのえいご教材]

米代表チームの水泳選手がレース中に死亡 原因調査中
CNN.co.jp 10月24日(日)9時42分配信

(CNN) 国際水泳連盟(FINA)によると、アラブ首長国連邦(UAE)フジャイラで開催されたマラソンスイミングワールドカップで23日、米国代表チームのフラン・クリッペン選手がレース中に死亡した。26歳だった。

FINAによると、死因は現在調査中。専門誌スイミングワールドは、クリッペン選手が競技の途中で意識を失い、約2時間後、ゴール近くでダイバーに発見されたと伝えている。

米オリンピック委員会は同日、知らせを受けて「非常に悲しんでいる」との声明を出した。

クリッペン選手はペンシルベニア州出身、2006年バージニア大学卒。オープンウォーター(10キロ)の選手として09年の世界選手権で銅メダル、07年パンアメリカン協議大会では金メダルを獲得した。姉のマディ・クリッペンさんは2000年に米国五輪代表チームに選ばれた水泳選手。同選手はマディさんの影響で6歳から水泳を始めた。


日本のアイドルグループ界を席巻している韓国の女性9人組 [まゆみのえいご教材]

進出するやたちまち日本のアイドルグループ界を席巻している韓国の女性9人組「少女時代」と女性5人組「KARA(カラ)」。韓国では、こうした少女アイドルグループが低年齢化を見せる中、衣装の露出度や振り付けのセクシー度がますますエスカレートしている。韓国内では、少女グループについて「少女たちの性の商品化」との批判も出始めている。

[フォト]その他の韓国のセクシー少女グループ

 韓国では14歳前後の少女たちが大人っぽい衣装を身につけ、セクシーな振り付けで踊るのがはやっている。こうしたセクシー路線は、少女アイドルグループが10代の同年代の若者たちに限らず、30、40代もファン層としてターゲットにしているためという。

 しかし、韓国の保守層などは、幼い少女らにホットパンツなど露出度の高い衣装を着せ、性的なニュアンスが漂う歌詞と振り付けを覚えさせている所属事務所側を法的、道徳的に問題があると非難している。

 韓国国会文化体育観光放送通信委員会は今月4日、文化体育観光省に対する国政監査を実施。韓国メディアによると、少女アイドルグループが所属する事務所の代表を召喚し、グループのメンバーの低年齢化や扇情的な衣装や振り付けなどを指摘した。一方、所属事務所側は「幼いメンバーの成長に悪影響が出ないよう努力している」と反論したという。

 韓国のテレビ番組は、内容によって「12歳以上観覧可」「15歳以上観覧可」など放送前に表示しているが、これまでグループが出演する番組については「12歳以上観覧可」だったが、衣装や踊りなどが「扇情的」と判断され、今年7月から「15歳以上観覧可」に対象年齢が引き上げられた。

 さらに「15歳以上観覧可」に指定されたテレビ番組に、今年夏にデビューしたばかりの平均年齢14歳という6人組グループ「GP Basic」が出演して問題となった。

 このグループの最年少メンバーは小学6年生で、ほかのメンバー5人もみな中学2年生だ。こうした少女アイドルグループの低年齢化も問題となっている。

 こうした社会批判が強まる中、公共放送「KBS」も、ついに未成年の女性歌手たちの露出度の高い衣装とセクシーな振り付けに関して自主規制に乗り出すことになった。また未成年者の場合、深夜に録画する番組への出演も積極的に自制させる方針という。(ソウル 水沼啓子)

 【週刊韓(カラ)から】は115回にわたって連載して参りましたが、この回を持ちまして終了いたします。ご愛読ありがとうございました。



ファイバーケーブルを敷いたところ [まゆみのえいご教材]

総務省の地域公共ネットワーク基盤整備事業などの補助金を受け、石川県小松市が山間部に光ファイバーケーブルを敷いたところ、地元のケーブルテレビ局が「採算が取れない」として参入せず、敷設地区の住民がケーブルテレビを視聴できない状態になっていることが23日、分かった。会計検査院は補助金のうち約900万円分を不当事項として近く会計検査報告書に掲載する方針。

 関係者によると、小松市は平成16、17年度に国の補助金約9800万円を受けて事業費計約2億9600万円で山間部に光ファイバーケーブルを敷いた。しかし、山間部までは市中心部から約30キロ離れており、ケーブルテレビ事業を行うテレビ小松が「採算が取れない」と参画しなかった。

 山間部の光ファイバーケーブルは使用されることなく約5年間敷設されたままになっている。事前に小松市がテレビ小松と十分に打ち合わせをしていなかったことが原因とみられる。

 テレビ小松は「何らかの形で市役所を支援していくことは考えられるが、テレビ局単体の事業としては採算が取れず、参入は今後も考えていない」と強調。一方、小松市の担当部署の情報センターは「取材には答えないし、答える義務もない」と話している。

 会計検査院は22日、総務省に対し、国庫補助事業で整備したブロードバンドサービスやケーブルテレビサービスの加入率が極端に低いことを指摘し、改善を求めている。

会計検査院は補助金のうち約900万円分を不当事項として

-|2010年10月 |2010年11月 ブログトップ