So-net無料ブログ作成

公安調査庁は [まゆみの英語会話教材]

神奈川県警で約11億4000万円の不正経理が発覚した問題で、県警は27日、警察の信用を失墜させたとして、当時の幹部や会計担当者513人を訓戒や注意などの処分にしたと発表した。私的流用はないとして懲戒処分は見送った。
 一方、公安調査庁は同庁に出向中の前県警本部長(53)について、監督責任を問い、懲戒(減給)処分にした。この問題をめぐる処分者は、県警、警察庁からの出向者などを含め、計526人に上った。
 都道府県警の不正経理問題では、千葉県警が10月、現職本部長を含む489人を処分したが、今回はこれを上回り過去最大規模となった。 

民主接近で波紋=小沢氏と下旬に囲碁対局 [まゆみの英語会話教材]

民主接近で波紋=小沢氏と下旬に囲碁対局―与謝野氏
時事通信 12月4日(土)14時43分配信

 たちあがれ日本の与謝野馨共同代表の言動が、与野党に波紋を広げている。先月の菅直人首相との会談に続き、今月下旬には小沢一郎民主党元代表と囲碁対局を予定。民主、自民両党の大連立に向け「橋渡し役を務めるつもりでは」との見方も出ている。
 与謝野氏は先月18日夜、首相に招かれ公邸で会談。「野党と胸襟を開いて話さないと物事が進まない」と、野党との党首会談を行うよう助言した。平沼赳夫たちあがれ日本代表が、翌週の議員総会で経緯を報告するよう促したが、与謝野氏はこの総会を欠席し、臆測が一段と広がった。
 一方、小沢氏との囲碁の対局はインターネット放送局が企画。公の場で両氏が碁を打つのは2007年10月以来だ。このときは対局から間もなく大連立構想が浮上し、与謝野氏の関与が取りざたされた。
 「与野党激突を楽しんでいるだけでは困る。大連立を組み、通すべき法案は通していくのが理想だ」。与謝野氏は先月末のBS番組で、大連立の必要性を改めて力説したが、同僚議員からは「共に民主党政権打倒を目指して結党したはずなのに…」と困惑する声も漏れている