So-net無料ブログ作成
検索選択

毛 沢東 part 6 第二次国共内戦 [まゆみの英会話 勉強法]

毛 沢東 part 6 第二次国共内戦

日中戦争末期の1945年5月、中国国民党は第6回全国代表大会を開催し、孫文が提唱した革命の第3段階である「憲政」に入ることを示した。
そして、「憲政」が国民党主導の国民大会によって実施されるという構想を明らかにした。
And "constitutional government" but the plan put by Kuomintang-led mass meeting into effect was made clear.(by まゆみの「英会話 教材」)

一方、毛沢東(英語で Mao Zedong)は同時期に開催されていた中国共産党第7回党大会で『連合政府論』を提唱し、国民党案に不同意を表明した。
日中戦争当時、共産党と国民党は表面上協調関係を結び、毛沢東も蒋介石の権威に従っていたが、戦争終結を目前にして、毛沢東は「蒋介石と対等な指導者」としての立場をめざし、共産党と国民党の対立は深刻になっていった。
また、毛は第7回党大会で「たとえ、われわれがすべての根拠地を喪失したとしても、東北(満洲)さえあれば、それをもって中国革命の基礎を築くことができるのだ」と述べた。
終戦直前の8月13日、毛沢東は蒋介石との武力闘争を内部指示として発した。
1945年8月14日、日本はポツダム宣言受諾を連合国側に通告、8月15日に終戦を迎えた。
Japan notified union state of the Potsdam Declaration acceptance and met the end of the war on August 15 on August 14, 1945.(by まゆみの「英会話 教材」)

8月30日、蒋介石と毛沢東(英語で Mao Zedong)は重慶で会談し、国共和平・統一について議論を重ねた。議論は長引き、10月10日に「双十協定」としてまとめられた。
「双十協定」では、国民党が「政治の民主化」「各党派間の平等性や合法性」などを約し、共産党も「蒋介石の指導」「国民党の指導下での統一国家の建設」を承認するなど、内戦回避と統一政権樹立について両党が努力することが確認された。
しかし、「双十協定」が調印されたその日、山西省南部で上党戦役が勃発し、共産党軍と国民党軍が交戦、共産党軍が国民党軍に大きな打撃を加えた。
また、この年の末には、降伏した日本軍の接収・管理のために国民党軍が東北地方に派遣されると、共産党も林彪率いる東北民主連合軍を派遣し、緊張関係が生じた。
1946年1月、「双十協定」に基づき、政治協商会議(党派間の協議機関)が重慶で開催された。
各党派の代表構成は、国民党が8、共産党が7、その他の政党・無党派が23であった。
この会議では憲法改正案・政府組織案・国民大会案・平和建国綱領などが採択され、国民政府委員会(政府最高機関)の委員の半数が国民党以外に割りあてられるなど、国民党は共産党を初めとする諸党派に対して一定の譲歩を示した。
しかし、3月の党大会において、国民党は共産党が提唱する「民主連合政府」の拒否と国民党の指導権の強化を決議した。
But the Kuomintang resolved the refusal of "Democratic League government" the Communists advocates and reinforcement of the hegemony of the Kuomintang in a party conference in March.(by まゆみの「英会話 教材」)

6月26日、蒋介石は国民革命軍(中華民国の正規軍。実質的には国民党軍)に対して共産党支配地区への全面侵攻を命令、国共内戦が始まった。
国共内戦が起きると、毛沢東(英語で Mao Zedong)は、地主の土地を没収し農民に分配する「土地革命」を再開し、農民の支持を獲得していった。
国共内戦では「全面侵攻」を進める蒋介石に対して毛沢東はゲリラ戦を展開した。
1947年3月28日、毛は党中央の所在地である延安の放棄を決定、国民党軍を山岳地帯に誘い込み、国民党の戦力消耗を図った。
内戦当初優勢だった国民党軍はこの頃より勢いに陰りを見せ始めた。
毛沢東(英語で Mao Zedong)率いる中国人民解放軍(1947年9月、八路軍から改称)はソビエト連邦からの軍事援助を受けつつ、アメリカ政府内の共産主義シンパの抵抗によって軍事支援を削減された国民党軍に対して大規模な反撃に出た。
1948年9月から1949年1月にかけて展開された「三大戦役」において人民解放軍は勝利を重ね、国民党軍に大打撃を与えた。
The People's Liberation Army entered Kitahira (Beijing) and controlled a base of Taiwan government and metropolitan Nanjin on April 23 in January, 1949.(by まゆみの「英会話 教材」)

毛沢東(英語で Mao Zedong)は1949年3月の第7期2中全会において、新政治協商会議の開催と民主連合政府の樹立を各界によびかけた。
かくして、9月21日から9月30日にかけて北京に全国の著名な有識者や諸党派の代表が集まり、中国人民政治協商会議が開催された。
この会議では、新国家の国号を「中華人民共和国」とし、毛沢東が中央人民政府主席に就任することが決議された。
That Mao Zedong assumes the central government chief of the people made the name of a country in a new nation "China" at this meeting, and was resolved.(by まゆみの「英会話 教材」)







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び