So-net無料ブログ作成
検索選択

劉邦part2 出生~反秦連合へ~項羽との出合い (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」) [まゆみのえいご漬け]

反秦連合へ~項羽との出会い

ある時、劉邦は亭長サイトの役目を授かり、英語人を引き連れて咸陽へ向かっていたが、秦サイトの過酷な労働と刑罰との出合い縁を知っていた人夫たちは次々と逃亡し、やけになった劉邦は浴びるように酒を飲んだ上、酔っ払って残った全ての英語人を逃がし、自らも一緒に行くあてのない人夫らと共に沼沢へ隠れた。

紀元前209年、陳勝・呉広の乱が発生し反乱軍の勢力が強大になると、沛の県令は反乱軍に協力するべきか否かで動揺、そこに蕭何と曹参が「県令では誰も従わない、人気のある劉邦を押し立てて反乱に参加するべきだ」と吹き込んだ。

一旦はこれを受け入れた県令であったが、彼氏に使者が行った後に考えを翻し、沛の門を閉じて彼氏を締め出そうとした。

彼氏は一計を案じて絹に書いた手紙を城の中に投げ込んだ(中国の都市は基本的に城塞都市である)。
The boyfriend threw in into the castle the letter which thought out a plan and was written to silk (the city in China is a fortification city fundamentally). (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

その手紙には「今、この城を必死に守った所で、諸侯(反乱軍)がいずれこの沛を攻め落とすだろう。

そうなれば沛の人々にも災いが及ぶことになる。

今のうちに県令を殺して頼りになる人物(彼自身のこと)を長に立てるべきだ」と書いてあり、それに答えた城内の者は県令を殺して劉邦を迎え入れた。

しかし、彼氏は最初は「天下は乱れ、群雄が争っている。自分などを選べば、一敗地に塗れることになる。他の人を選ぶべきだ」と辞退した。
However, "world was in disorder at first and Gunyu has fought for the boyfriend.
It will kiss the dust, if one are chosen.
It declined, "You should choose other persons." (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

しかし、蕭何と曹参までもが劉邦を県令に推薦したので、劉邦はこれを受けて県令となった。

以後、劉邦は沛公と呼ばれるようになる。

この時彼氏が集めた兵力は2、3千という所で、配下には蕭何・曹参の他に犬肉業者をやっていた義弟の樊噲、劉邦の幼馴染の出会い縁で同日に生まれた盧綰、県の厩舎係をやっていた夏侯嬰、機織業者の周勃などがいた。

この軍団で周辺の県を攻めに行き、豊の留守を雍歯という者に任せたが、雍歯は旧魏の地に割拠していた魏咎に誘いをかけられて寝返ってしまった。

怒った劉邦は豊を攻めるが落とすことができず、仕方なく沛に帰った。

当時、陳勝は秦の章邯の軍に敗れて逃れたところを殺されており、部下の景駒が甯君と秦嘉英語という者に代わりの王に無料で擁立されていた。

劉邦は豊を落とすためにもっと兵力が必要だと考えて、景駒に兵を借りに行く。

紀元前208年、劉邦は甯君と共に秦軍サイトと戦うが、敗れて引き上げ、新たに碭(トウ、現在の安徽省碭山。碭は石偏に昜)を攻めてこれを落とし、ここにいた5、6千の兵を合わせ、更に下邑(河南省鹿邑)を落とし、この兵力を持って再び豊を攻めてやっと落とした。

豊を取り返した劉邦であったが、この間に豊などとは比べ物にならないほどに重要なものを無料で手に入れていた。
Although it was ryuuhou which regained Yutaka, what has so important in the meantime that it does not become a comparison Yutaka etc. was got for nothing. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

張良との出会いである。張良は始皇帝暗殺に失敗した後に、旧韓の地で兵士を集めて秦と戦おうとしていたが、それに失敗して留(沛の東南)の景駒の所へ従属しようと思っていた。

張良自身も自らの指導者としての資質の不足を自覚しており、自らの兵法をさまざまな人物に説いていたが、誰もそれを聞こうとはしなかった。

ところが劉邦は出会うなり熱心に張良に言葉を聞き入り、張良はこれに感激して「沛公はほとんど天性の英傑だ」と劉邦のことを褒め称えた。

これ以降、張良は劉邦の作戦のほとんどを立案し、張良の言葉を彼氏はほとんど無条件に聞き入れ、ついには天下をつかむことになる。
Tyouryou will draw up most strategy of Ryuuhou after this, a boyfriend will almost grant the language of Mr.Tyouryou unconditionally, and a world will be held finally. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

劉邦と張良の関係は君臣関係の理想として後世の人に仰ぎ見られることになる。

その頃、景駒は項梁によって殺され、項梁が新たな反秦軍の頭領となって、旧楚の懐王の孫を連れてきて楚王の位に即け、祖父と同じく懐王と呼ばせた(後に項羽より義帝の称号を送られる)。

劉邦は項梁の勢力下に入り、項梁の甥である項羽と共に秦軍と戦う。

項梁は何度となく秦軍を破ったが、それと共に傲慢に傾いて秦軍を侮るようになり、章邯英語軍の前に戦死した。
Although there is no Mr.Kouryou with what times and Sin was broken, it inclined haughtily with it, came to despise Sin, and was killed in war before Mr.Syoukan English army. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

彼氏は遠征先から軍を戻し、新たに反秦軍の根拠地に定められた彭城(現在の江蘇省徐州市)へと集結した。

項梁を殺した章邯は軍を北へ転じて趙を攻め、趙王の居城英語鉅鹿を包囲したため、趙は楚へ救援を求めてきていた。

そこで懐王は宋義・項羽・范増を将軍として主力軍を派遣し、趙にいる秦軍を破った後、咸陽へと攻め込ませようとし、その一方で劉邦を出合い別働隊として西回りに咸陽を衝かせようとした。

そして懐王は「一番先に関中(咸陽を中心とした一帯)に入った者をその地の王とするだろう」と約束した。

趙へ向かった項羽は、途中で行軍を意図的に遅らせていた宋義を殺して自ら総指揮官となり、渡河した後に船を全て沈めて3日分の兵糧を配ると残りの物資を破棄し、退路を断って兵士たちを死に物狂いで戦わせるという凄まじい戦術で秦軍を撃破、一気にその勇名を高めた。

しかしその後、咸陽へ進軍する途中で秦の捕虜20万を生き埋めにするという、これも凄まじい虐殺を行う。
However, the slaughter also with this frightful of burying Hata's prisoner of war 200,000 alive is performed while marching to Kanyou after that. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

このことは後の楚漢戦争でも項羽の悪い評価として人々の心に残り、多大な影響をもたらすことになる。
Also by next War of So and Kan , this will remain in people's heart as bad evaluation of Mr.kouu, and will bring about great influence.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

劉邦part1 出生~人間界との出会い (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」) [まゆみの英会話 勉強法]

出生~人間界との出会い

沛県郡豊県中陽里(現在の江蘇省徐州市沛県)で、父・劉太公と母・劉媼の三男として誕生した。

人間界との出会い。長兄に劉伯、次兄に劉喜が、異母弟に劉交がいる。生年については2説ある。
Encounter with a human community.
As for the oldest brother, requires and a younger half-brother at the elder brother.
About a year of birth, they are 2 . (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

劉媼が劉邦を出産する前、沢の側でうたた寝をしていると、夢の中で神に出合い、劉太公は劉媼の上に龍が乗っている姿を見た。その夢の後に劉邦が生まれたという。
Before giving birth , when it was taking a nap by the swamp side, it met with the God in the dream .
It is said that 劉邦 was produced after the dream. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)
また、諱の「邦」は『史記』では記されておらず、現在に残る文献で一番古いものでは後漢の荀悦『漢紀』に記され、史記 漢書の注釈でそれを引用している。

出土史料から諱が「邦」であったことはおそらく正しいと思われる。また、字の「季」は「末っ子」のことである。

劉邦の容姿は鼻が高く、立派な髭をしており、いわゆる龍顔、顔が長くて鼻が突き出ている顔をしていたという。
The appearance has a high nose, the splendid mustacheis carried out, and it is said that he was wearing the face to which what is called 龍顔 and a face are long, and the nose has projected.
(by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)
また太股に72の黒子があった、72とは1年360日を五行思想の5で割った数で、当時ではかなりの吉数である。

反秦戦争に参加する前の劉邦はいわゆる侠客であり、家業を厭い、酒色を好んだ生活をしていた。

出合い縁あって沛東に位置する泗水の亭長(警察分署長)に就任したが、任務に忠実な官人ではなかった。

沛の役人の中に後に劉邦の覇業を助けることになる蕭何と曹参もいたが、彼らもこの時期には劉邦を高くは評価していなかったようである。

しかし何故か人望のある性質であり、仕事で失敗しても周囲が擁護し、劉邦が飲み屋に入れば自然と人が集まり店が満席になったと伝えられる。またこの任侠時代に張耳の食客になっていたともいう。

ある時に劉邦は夫役で咸陽に行った事があったが、そこで始皇帝の行列と出会い、「ああ、男たる者はああ成らなくてはいかんな」と言った。
meeting with Shih-huang-ti's procession there, although he had been performed to Kanyou at a certain time -- "-- such -- a man -- a person -- oh, it does not change -- " -- it said. (by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)

この言葉は項羽が同じく始皇帝の行列を見たときに言った「あいつに取って代わってやる」という言葉とよく対比され、劉邦と項羽の性格の違いを表すものとして使われる。
This language is often contrasted with the word said when Kouu similarly looked at Shih-huang-ti's procession of "replacing that fellow", and is used as a thing showing the difference in the character of Ryuuhou and Kouu.
(by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)
あるとき、単父(山東省)の人・呂公が仇討ちを避けて沛へとやって来た。

名士である呂公を歓迎する宴が開かれ、蕭何がこの宴を取り仕切った。

沛の人々はそれぞれ進物に金銭を持参して集まったが、あまりに多くの人が集まったので、蕭何は進物が千銭以下の人は地面に座ってもらおうと提案した。

そこへ劉邦がやってきて進物を「銭一万銭」と呂公に伝えた。

あまりの金額に驚いた呂公は慌てて門まで劉邦を迎えて、上席に着かせた。蕭何は劉邦が銭など持っていないのを知っていたので、「劉邦は前から大風呂敷だが、実際に成し遂げたことは少ない(だからこのことも本気にしないでくれ)」と言ったが、呂公は劉邦を歓待し、その人相を見込んで自らの娘を娶わせた。これが呂雉との出会いである。

妻を娶ったものの劉邦は相変わらずの侠客であり、呂雉は実家の手伝いをし、2人の子供を育てながら生活していた。

ある時、呂雉が田の草取りをしていた所、通りかかった老人が彼女に出逢い呂雉の人相がとても貴いと驚き、息子と娘(後の恵帝と魯元公主)の顔を見てこれも貴いと驚き、帰ってきた劉邦がこの老人に人相を見てもらうと「奥さんと子供たちの人相が貴いのは貴方がいるためである。
あなたの貴さは言葉にすることが出来ない」と言い、劉邦は大いに喜んだという。

史記には他にもいくつかの「劉邦が天下を取ることが約束されていた」との話を載せている。
Otherwise, some talks "it was promised that Ryuhou took a world" are put on Historical Memoirs.
(by まゆみの「おすすめ 英語英会話 教材」)
ただ、それらの逸話サイトの中で劉邦は赤龍系の子であるとする逸話は、漢が火徳の帝朝と称することに繋がっている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び