So-net無料ブログ作成

変なのっ!クチュルク系サイトへの出合い征服 [出合い系]

変なのっ!いろいろby英会話 教材 おすすめ まゆみ

クチュルク系サイトへの出合い征服

このころ、かつてナイマン部族連合の首長を受け継いだクチュルクは西走して西遼に保護されていたが、クチュルクはそれにつけ込んで西遼最後の君主耶律直魯古から王位を簒奪していた。
モンゴル帝国は西遼の混乱をみてクチュルクを追討しようとしたが、モンゴル系の主力は、このときまでに西夏と金に対する継続的な遠征出合いの10年によって疲弊していた。
そこで、チンギスは腹心の将軍ジェベに2万の軍を与えて先鋒隊として送り込み、クチュルクに当たらせた。
クチュル クは仏教に改宗して地元のムスリム(イスラム教徒)を抑圧していたので、モンゴル系サイトの放った密偵が内乱を扇動するとたちまちその王国は分裂し、ジェベは敵国を大いに打ち破った。
クチュルク系サイトはカシュガルの西で敗れ、敗走した彼はやがてモンゴルに捕えられ処刑されて、西遼の旧領はモンゴルに併合された。
この遠征の成功により、1218年までには、モンゴル国家は西はバルハシ湖まで出合いを拡大して、南にペルシア湾、西にカスピ海に達するイスラム王朝、ホラズム・シャー朝に接することとなった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

犬井まゆみ「変なのっ!いろいろ」金朝への出合い征 [まゆみの英語会話教材]

犬井まゆみ「変なのっ!いろいろ」金朝への出合い征服
金朝への出合い征服


着々と帝国の建設を進め たチンギス・カン(英語:Genghis Khan)は、中国に対する出合い遠征の準備をすすめ、1211年に金と出合い開戦した。
三軍に分かたれたモンゴル軍は、長城を越えて長城と黄河の間の金の領土奥深くへと出合い進軍し、金の軍隊を破って北中国を荒らした。
この戦いは、当初は西夏との戦争の際と同じような展開をたどり、モンゴル軍は野戦では勝利を収めたが、堅固な城壁に阻まれ主要な都市の攻略には失敗した。
しかし、チンギス(英語:Genghis )とモンゴル系の指揮官たちは中国人から攻城戦の方法を学習し、徐々に攻城戦術を身に付けていった。
この経験により、彼らはやがて戦争の歴史上で最も活躍し最も成功した都市征服者となるのである。
当時5000万人ほどいた中国の人口が、わずか30年後に行われた調査によれば約900万人ほどになってしまったという。
南部に逃げた人たちも大勢いるがその勢力の強さが伺える。


こうして中国内地での野戦での数多くの勝利と若干の都市攻略の成功の結果、チンギス(英語:Genghis )は1213年には万里の長城のはるか南まで金の領土を征服・併合していた。
翌1214年、チンギス(英語:Genghis )は金と和約を結んでいったん軍を引くが、和約の直後に金がモンゴル系の出合い攻勢を恐れて黄河の南の開封に首都を移した事を背信行為と咎め(あるいは口実にして)、再び金を攻撃した。
1215年、モンゴル軍は金の従来の首都、燕京(現在の北京)を包囲、陥落させた。
のちに後継者オゴデイの時代に中国の行政に活躍する耶律楚材は、このときチンギス・カン(英語:Genghis Khan)に見出されてその側近となっている。
燕京を落としたチンギス(英語:Genghis )は、将軍ムカリを燕京に残留させてその後の華北の経営と金との戦い出合いに当たらせ、自らは高原に引き上げた。

-----------------------------------------------------------------

クチュルク系サイトへの出合い征服

このころ、かつてナイマン部族連合の首長を受け継いだクチュルクは西走して西遼に保護されていたが、クチュルクはそれにつけ込んで西遼最後の君主耶律直魯古から王位を簒奪していた。
モンゴル帝国は西遼の混乱をみてクチュルクを追討しようとしたが、モンゴル系の主力は、このときまでに西夏と金に対する継続的な遠征出合いの10年によって疲弊していた。
そこで、チンギスは腹心の将軍ジェベに2万の軍を与えて先鋒隊として送り込み、クチュルクに当たらせた。
クチュル クは仏教に改宗して地元のムスリム(イスラム教徒)を抑圧していたので、モンゴル系サイトの放った密偵が内乱を扇動するとたちまちその王国は分裂し、ジェベは敵国を大いに打ち破った。
クチュルク系サイトはカシュガルの西で敗れ、敗走した彼はやがてモンゴルに捕えられ処刑されて、西遼の旧領はモンゴルに併合された。
この遠征の成功により、1218年までには、モンゴル国家は西はバルハシ湖まで出合いを拡大して、南にペルシア湾、西にカスピ海に達するイスラム王朝、ホラズム・シャー朝に接することとなった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び