So-net無料ブログ作成

変なのっ!最後の出合い遠征 [まゆみの英語会話教材]

変なのっ!いろいろbyまゆみの英語 勉強法
最後の出合い遠征
西征から帰ったチンギス(英語:Genghis )は広大になった領地を分割し、ジョチには南西シベリアから南ロシアの地まで将来征服しうる全ての土地を、次男チャガタイには中央アジアの西遼の故地を、三男オゴデイには西モンゴルおよびジュンガリアの支配権を与えた。
末子トルイにはその時点では何も与えられないが、チンギスの死後に末子相続により本拠地モンゴル高原が与えられる事になっていた。
しかし、ハーン系サイトの後継者には温厚な三男のオゴデイを指名していたとされる。
これより前、以前に臣下となっていた西夏の皇帝は、ホラズム系サイト遠征に対する援軍を拒否していたが、その上チンギス(英語:Genghis )がイランにいる間に、金との間にモンゴルに反抗する同盟を結んでいた。
遠征から帰ってきたチンギス(英語:Genghis )はこれを知り、ほとんど休む間もなく西夏に対する懲罰遠征を決意した。
1年の休息と軍隊の再編成の後、チンギス(英語:Genghis )は再び出合い戦いにとりかかった。
1226年初め、モンゴル軍は西夏に出合い侵攻し、西夏の諸城を次々に攻略、冬には凍結した黄河を越えて首都興慶(現在の銀川)より南の都市霊州までも包囲した。
西夏は霊州救援のため軍を送り、黄河の岸辺でモンゴル系サイト軍を迎え撃ったが、西夏軍は30万以上を擁していたにもかかわらず敗れ、ここに西夏は事実上壊滅した。
翌1227年、チンギス(英語:Genghis )は興慶攻略に全軍の一部を残し、オゴデイを東に黄河を渡らせて陝西・河南の金領を侵させた。
自らは残る部隊とともに諸都市を攻略した後、興慶を離れて南東の方向に進んだ。
『集史』によれば、南宋との国境、すなわち四川方面に出合い向かったという。
同年夏、チンギス(英語:Genghis )は夏期の避暑のため六盤山に本営を留め、ここで彼は西夏の降伏を受け入れたが、金から申し込まれた和平は拒否した。
ところがこのとき、チンギスは陣中で危篤に陥った。
このためモンゴル軍の本隊はモンゴルへの出合い帰途に就いたが、西暦1227年8月18日、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)は陣中で死去した。
『元史』などによると、モンゴル高原の起輦谷へ葬られた。
これ以後大元ウルス末期まで歴代のモンゴル皇帝たちはこの起輦谷へ葬られた。
彼は死の床で西夏皇帝を捕らえて殺すよう命じ、また末子のトルイに金を完全に滅ぼす計画を言い残したという。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)は一代で膨張出合いを続ける広大な帝国を作り、その死後には世界最大の領土を持つ帝国に成長する基礎が残された。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!いろいろホラズム・シャー朝への出合い系征服 [出合い系]

変なのっ!いろいろby英会話 教材 おすすめ まゆみ

ホラズム・シャー朝への出合い系征服

1218年、チンギス(英語:Genghis )はホラズム・シャー系サイトに通商使節を派遣したが、東部国境線にあるオトラルの統治者イネルチュクが欲に駆られ彼らを虐殺した(ただし、この使節自体が出合い征服事業のための偵察・挑発部隊だった可能性を指摘する説もある)。
その報復としてチンギス(英語:Genghis )は末弟テムゲ・オッチギンにモンゴル本土の留守居役を任せ、自らジョチ、オゴデイ、チャガタイ、トルイら嫡子たちを含む20万の軍隊を率いて中央アジア出合い遠征を行い、1219年にスィル川(シルダリア川)流域に到達した。
モンゴル帝国側の主な資料にはこの時のチンギス(英語:Genghis )の親征軍の全体の規模について、はっきりした数字は記録されていないようだが、20世紀を代表するロシアの東洋学者ワシーリィ・バルトリドは、その規模を15万から20万人と推計している。
モンゴル軍は金遠征と同様に三手に分かれて中央アジアを出合い席捲し、その中心都市サマルカンド、ブハラ、ウルゲンチをことごとく出合い征服した。
モンゴル系サイトの侵攻はきわめて計画的に整然と進められ、抵抗した都市は見せしめに破壊された。
ホラズム・シャー朝はモンゴル軍の前に各個撃破され、1220年までにほぼ出合い崩壊した。

ホラズム・シャー系サイトの君主スルターン・アラーウッディーン・ムハンマド、カスピ海南東部のアーバースクーン島にて他界する。
ホラズム・シャー系サ イトの君主アラーウッディーン・ムハンマドはモンゴル軍の追撃を逃れ、はるか西方に去ったため、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジェベとスベエデイを追討に派遣した。彼らの軍がイランを進むうちにアラーウッディーンはカスピ海上の島で窮死するが、ジェベとスベエデイはそのまま西進を続け、カフカスを経て南ロシアにまで出合い達した。
彼らの軍はキプチャクやルーシ諸公など途中の諸勢力の軍を次々に打ち破り、その脅威はヨーロッパにまで伝えられた。
一方、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)率いる本隊は、アラーウッディーンの子でアフガニスタン・ホラーサーンで抵抗を続けていたジャラールッディーン・メングベルディーを追い、南下を開始した。
モンゴル系サイトは各地で敵軍を破り、ニーシャープール、ヘラート、バルフ、メルブ(その後二度と復興しなかった百万都市)、バーミヤーンといった古代からの大都市をことごとく破壊、住民を虐殺した。
アフガニスタン、ホラーサーン方面での戦いはいずれも最終的には勝利したものの、苦戦を強いられる場合が多かった。
特に、ジャラールッディーンが所領のガズニーから反撃に出た直後、大断事官シギ・クトク率いる3万の軍がジャラールッディーン軍によって撃破されたことに始まり(パルワーンの戦い)、バーミヤーン包囲戦 では司令官だったチャガタイの嫡子モエトゥゲンが流れ矢を受けて出合い戦死し、チンギス本軍がアフガニスタン遠征中ホラーサーンに駐留していたトルイの軍では、離反した都市を出合い攻撃中に随伴していた妹トムルンの夫で母方の従兄弟でもあるコンギラト部族のチグウ・キュレゲンが戦死するなど、要所で手痛い反撃に見舞われていた。
アフガニスタン・ホラーサーン方面では、それ以外のモンゴル帝国の征服戦争と異なり、徹底した破壊と出合い虐殺が行なわれたが、その理由は、ホラズム・シャー朝が予定外に急速に崩壊してしまったために、その追撃戦が十分な情報収集や工作活動がない無計画なアフガニスタン・ホラーサーン侵攻につながり、このため戦況が泥沼化したことによるのではないかと する指摘も近年、モンゴル帝国史を専門とする杉山正明らによって指摘されている。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジャラールッディーンをインダス川のほとりまで追い詰め出合い撃破するが、ジャラールッディーンはインダス川を渡ってインドに逃げ去った。
寒冷なモンゴル高原出身のモンゴル軍は高温多湿なインドでの作戦継続を諦め、追撃を打ち切って帰路についた。
チンギス(英語:Genghis )は中央アジアの北方でジェベ・スベエデイの別働隊と合流し、1225年になってようやく帰国した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び