So-net無料ブログ作成
検索選択

変なのっ!始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)「真人」の希求 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け
chinaの戦乱時代の始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)「真人」の希求(まゆみの えいご漬け勉強法
「真人」の希求

天下を統一し封禅の祭祀を行った始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、すでに自らを過去に存在しなかった人間だと考え始めていた。
第1回巡遊の際に建立された琅邪台刻石には「古代の五帝三王の領地は千里四方の小地域に止まり、統治も未熟で鬼神の威を借りねば治まらなかった」と書かれている。
このように五帝や三王(夏の禹王、殷の湯王、周の文王または武王)を評し、遥かに広大な国土を法治主義で見事に治める始皇帝が彼らをはるかに凌駕すると述べている。
過去誰も達しなかった頂点を極めた始皇帝は、不可能なことなどないという考えに取り付かれ、ますます神仙への傾倒を深めた。
逐電した徐に代わって始皇帝に取り入ったのは燕出身の方士たちであり、特に廬生(英語名: Rosei)は様々な影響を与えた。

『録図書』と胡の討伐

廬生(英語名: Rosei)は徐と同様に不老不死との出合いを餌に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に近づき、秘薬系を持つ仙人の探査を命じられた。
仙人こそ連れて来なかったが、『録図書』という予言系サイトを献上した。
その中にある「秦を滅ぼす者は胡」という文言を信じ、始皇帝は周辺民族系サイトの征伐に乗り出した。

万里の長城を整備したことからも、秦王朝サイトにとって外敵系サイトといえば、まず匈奴が挙げられた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
At first, speaking of a foreign enemy, the Hsiung-Nu was cited for Hata dynasty by having maintained the Great Wall of China.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は北方に駐留する蒙恬に30万の兵を与えて討伐を命じた。
軍がオルドス地方を占拠すると、犯罪者をそこに移し、44の県を新設した。さらに現在の包頭市にまで通じる軍事道路「直道」を整備した。

一方で南には嶺南系サイトへ圧迫を加え、そこへ逃亡農民や債務奴隷・商人らを中心に編成された軍団を派遣し、現在の広東省やベトナムの一部も領土に加えた。
ここにも新たに3つの郡が置かれ、犯罪者50万人を移住させた。


焚書

胡朝系サイトの討伐が成功裏に終わり開かれた祝賀の席が、焚書の引き金になった。
臣下や博士らが祝辞を述べる中、博士の一人であった淳于越が意見を述べた。
その内容は、古代を手本に郡県制を改め封建制に戻すべしというものだった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
The contents changed a districts and prefectures system to a copybook, and they should have returned the ancient times to feudalism.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はこれを李斯の諮問にかけたが、元よりも郡県制を推進した李斯が意見に利を認めるはずがなかった。
そして、始皇帝自身も旧習を否定する思想に染まっていた。
信奉した『韓非子』「五蠹」には「優れた王は不変の手法ではなく時々に対応する。
古代の例にただ倣うことは、切り株の番をするようなものだ」と論じられている。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
It is commented, it virtually watches over the stump to merely imitate an ancient example. .

こういった統治者が生きる時代背景に応じた政治を重視する考えを「後王思想」と言い、特に儒家の主張にある先王を模範とすべしという考えと対立するものだった。
始皇帝自身がこの思想に染まり、自らの治世を正しいものと考えていたことは、巡遊中の各刻石の文言からも読み取れる。

すでに郡県制が施行されてから8年が経過した中、淳于越がこのような意見を述べ、さらに審議された背景には、体制の問題点が意識されていたか、または先王尊重の思想を持

つ集団が依然として発言力を持っていた可能性が指摘される。
しかし始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の決定はきわめて反動的なものであった。
『韓非子』「姦劫弒臣」には「愚かな学者らは古い本を持ち出してはわめき合うだけで、目前の政治の邪魔をする」とある。
始皇34年(前213年)、李斯はこのような妄言の根拠となる「古い本」すなわち占星学・農学・医学・占術・秦の歴史を除く全ての書物を焼き捨てる建策を行い、認められた。
特に『詩経』と『書経』の所有は、始皇帝の蔵書を除き[注 3]厳しく罰せられた。
この焚書は、旧書体を廃止し篆書体へ統一する政策の促進にも役立った。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
This book burning helped the promotion of the policy to abolish old style of handwriting, and to unify to a seal character body.

坑儒

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は「後王思想」で言う批判を許さない君主の絶対的基準となった。
ここにまたも方士らが取り入り、廬生(英語名: Rosei)は「真人」を説いた。真人とは『荘子』「内篇・大宗師」で言う水で濡れず火に焼かれない人物とも、「内篇・斉物論」で神と言い切られた存在を元にする超人を指した。
廬生(英語名: Rosei)は、身を隠していれば真人が訪れ、不老不死の薬を譲り受ければ真人になれると話した。
始皇帝はこれを信じ、一人称を「朕」から「真人」に変え、宮殿では複道を通るなど身を隠すようになった。
ある時には居場所を李斯に告げられたと疑い、周囲にいた宦者らすべてを処刑したこともあった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
I have executed all the eunuchs whom there was around doubt when a place to stay was told to Li Ssu when there was it.

しかし「阿諛苟合」の類である真人との出合い系来訪など決してなく、やがて粛清を恐れた廬生(英語名: Rosei)は方士仲間の侯生とともに始皇帝の悪口を吐いて逃亡した。
これを知り激怒した始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は学者を疑い尋問にかけた。
彼らは言い逃れに他者の誹謗を繰り返し、ついには約460人が拘束されるに至った。
始皇35年(前212年)、始皇帝は彼らを生き埋めに処し、これがいわゆる坑儒であり、前掲の焚書と合わせて焚書坑儒と呼ばれる。
『史記』には、学者らを「諸生」と表記しており、さまざまな学派の人間が対象になったと考えられるが、この行為を唯一諌めた長子の扶蘇の言「諸生皆誦法孔子」から、儒家の比率が高かったものと考えられる。

讒言を不快に思った始皇帝は扶蘇に、北方を守る蒙恬を監察する役を命じ、上郡に向かわせた。
『史記』は、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)が怒った上の懲罰的処分と記しているが、陳舜臣は別の考えを述べている。
30万の兵を抱える蒙恬が匈奴と手を組み反乱を起こせば、統一後は軍事力を衰えさせていた秦朝系サイトにとって大きな脅威となる。
蒙恬を監視し抑える役目は非常に重要なもので、始皇帝は扶蘇を見込んでこの大役を任じたのではないかという。
いずれにしろこの処置は秦朝系サイトにとって不幸な出合い系悪縁となった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
In any case these measures became the pro-unhappy encounter evil destiny for a system site for the Qin dynasty.

坑儒について、別な角度から見た主張もある。
これは、お抱えの学者たちに不老不死をとの出合い目指した錬金術研究に集中させる目的があったという。
処刑された学者の中には、これら超自然的な研究に携わった者も含まれる。
坑儒は、もし学者が不死の解明に到達していれば処刑されても生き返ることができるという究極の試験であった可能性を示唆する。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
I suggest the possibility that it was an ultimate examination to be able to revive even if the persecution of Confucianists by burying them alive is executed if a scholar arrives at the immortal elucidation.