So-net無料ブログ作成
検索選択

祖龍の死 [まゆみのえいご漬け]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け
祖龍の死

不吉な暗示

『史記』によると、始皇36年(前211年)に東郡(河南・河北・山東の境界に当たる地域)に落下した隕石に、何者かが「始皇帝死而地分」(始皇帝が亡くなり天下が分断される)という文字を刻みつける事件が起きた。

周辺住民は厳しく取り調べられたが犯人は判らず、全員が殺された上、隕石は焼き砕かれた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
The neighboring inhabitants were investigated strictly, but I baked it, and the meteorite was crushed after the criminal did not know it, and all the members were murdered.

空から降る隕石に文字を刻むことは、それが天の意志であると主張した行為であり、渦巻く民意を代弁していた。

鉄隕石にはニッケル・鉄比の異なるカマサイトとテーナイトの二相からなる視覚的に特徴ある組織が観察され、それが解釈の仕様によっては漢字のように見える場合がある。

従って、当時落下した鉄隕石が後に伝説となった可能性がある。

また同年秋、ある使者が平舒道という所で出くわした人物から「今年祖龍死」という言葉を聞いた。

その人物から滈池君へ返して欲しいと玉璧を受け取った使者は、不思議な出来事を報告した。

次第を聞いた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、祖龍とは人の先祖のこと、それに山鬼の類に長い先のことなど見通せまいとつぶやいた。

しかし玉璧は、第1回巡遊の際に神に捧げるため長江に沈めたものだった。

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は占いにかけ、「游徙吉」との告げを得た。


そこで「徙」を果たすため3万戸の人員を北方に移住させ、「游」として始皇37年(前210年)に4度目の巡遊に出発した。



最後の巡遊

末子の胡亥と左丞相の李斯(英語名: Rishi)を伴った第4回巡遊は東南へ向かった。

これは、方士が東南方向から天子の気が立ち込めているとの言を受け、これを封じるために選ばれた。

500年後に金陵(南京)にて天子が現れると聞くと、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は山を削り丘を切って防ごうとした。

また、海神と闘う夢を見たため弩を携えて海に臨み、之罘で大鮫魚を仕留めた。

ところが、平原津で始皇帝は病気となった。

症状は段々と深刻になり、ついに蒙恬の監察役として北方にとどまっている正統な後継者である長子の扶蘇(英語名: Huso)に「咸陽に戻って葬儀を主催せよ」との遺詔を作成し、信頼を置く宦官の趙高に託した。

7月、始皇帝は沙丘の平台(現在の河北省平郷)で亡くなった。

伝説によると、彼は宮殿の学者や医師らが処方した不死の効果を期待する水銀入りの薬を服用していたという。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
According to the legend, it is said that he took mercury medicine containing it expecting the immortal effect that a scholar and doctors of the palace prescribed. .

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び