So-net無料ブログ作成
出合い系 ブログトップ

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(2) [出合い系]

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(2)

蕭何と出合い系良縁、彼の推薦を受ける

ここでも実績も、背景となる勢力もない韓信(英語 Han, Shin)は一兵卒として扱われ、仕事に不満を持って仲間と一緒に罪を犯し、処刑されそうになります。

そこで「天下を取ることを望むのなら、この韓信を処刑するのは間違いだぞ」などと騒ぎたて、それが劉邦(英語訳 Liu Bang)の側近・夏侯嬰(かこうえい)の目に止まり、罪を許されます。

そして治粟都尉(ちぞくとい)という軍の食料を管理する仕事につけられました。

韓信がしたいのは軍を率いて作戦を立て、敵を撃ち破る仕事であり、食料の管理ではありません。

そこで韓信は蕭何(しょうか)(英語訳 Xiao He)という劉邦からの信頼の厚い人物に出合い談じ込み、自分にふさわしい仕事を与えてくれるように求めます。

蕭何はこの無名の人物と何度も話す内に、その身に他に並ぶものがいないほどの軍才が宿っていることを悟り、高く評価します。
しかし韓信が急に高い地位につけられることはなく、やがて劉邦の陣営にも絶望した韓信は、逃亡してしまいます。

この時の劉邦は巴蜀(中国の南西部)という辺境の地に追いやられていた時期で、韓信に限らず劉邦の陣営から逃亡するものは後を絶ちませんでした。

蕭何は他の将軍たちが逃亡しても何もしませんでしたが、韓信が逃亡したと聞いた時はこれを追いかけて説得し、劉邦の元に連れ戻します。

この時に劉邦は、最も大事な家臣である蕭何までもが逃亡したのかと勘違いし、慌てます。

そして戻ってきた蕭何を詰問しますが、蕭何は「韓信だから追いかけたのです」と返答します。

「他の雑多な将軍などはいくらいなくなっても影響はありません。しかし天下を取ることを望むのであれば韓信は必要な人材です」と劉邦に説明します。

この時に「国士無双」という言葉で蕭何は韓信を評します。

そして劉邦軍の中で最も高い地位である、大将軍に韓信をつけるようにと劉邦に提案します。

劉邦は信頼する蕭何がそこまで熱心に推薦するのであれば、と受け入れ、韓信を抜擢して大将軍の地位を与えました。

いくら蕭何(英語訳 Xiao He)を信頼しているとは言え、無名の人物にいきなり軍の最高司令官の地位を与えてしまう劉邦も、やはりただ者ではありません。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

変なのっ!国士無双の大将軍 韓信(1) [出合い系]

劉邦との出合い系ご縁で、彼氏に天下を取らせた国士無双の大将軍 韓信

韓信(英語 Han, Shin)は劉邦(英語訳 Liu Bang)と出合い、仕えて大将軍となり、楚漢戦争の勝敗を決定する重要な役割を担った武将です。
卓越した作戦能力を持ち、戦えば常に勝利をおさめ、国士無双(比べられる者がいないほど優れた者)と呼ばれるにふさわしい人物でした。
しかし劉邦が天下を統一して漢の皇帝となってからは、その能力と領土の大きさから警戒されるようになり、最後は謀反を企てるものの、失敗して処刑されてしまいました。

そんな彼氏の生涯の出合い系良縁、悪縁や事績との出合いについて書いてみます。


韓信は臆病な怠け者と見られていた

韓信(英語 Han, Shin)は淮陰(わいいん)という水辺の街の、貧しい家に生まれました。
家産がなく、品行もよくなかったために職につけず、毎日ぶらぶらとして若い時期をすごしていました。
やむなく韓信は亭長(街の治安を担当する役人)のところに居候をし、長い剣一本だけを携えて無頼の暮らしをしていました。
しかしある時、あまりにも何もしないで無為に日を過ごしていたため、とうとうそこから追い出されてしまいます。
韓信は食べるものに困って街中をさまよっていると、みかねた老婆に出逢い、ら食事を提供してもらい、それでなんとか飢えをしのぎました。
また、韓信はこの頃に「長い剣を持って強そうに見せているが、実は臆病者ではないか」と疑った街の少年にからまれます。
そして「その剣で俺を斬ってみろ、それができなければ俺の股の下をくぐれ」と脅されます。
韓信は言われるがままに少年の股の下をくぐり、剣を抜くことはありませんでした。
このために物笑いのたねになり、「股くぐり」と呼ばれ、臆病者だという評判を立てられます。
このように、韓信は戦乱の時代が訪れる前には、なんとも益体のない生活を送っていたようです。
しかし当人には自分の内に巨大な軍事の才能があるという自負があり、いつか風雲が訪れた時には世に出て活躍するのだ、という夢想を抱いていたようです。
このように、うだつの上がらない人物が夢想との出合いで自分を慰めるのはよくあることですが、韓信の場合は本当に巨大な才能を持っていました。


戦乱との出合い系ご縁と項羽への仕官

韓信(英語 Han, Shin)の若き日々は、秦の始皇帝が中国系の統一に初めて成功した時期に当たります。
しかしこの統一政権は長く続かず、始皇帝の死後に各地で反乱が相次ぐようになり、大陸系が再び分裂状態に陥って行きました。
韓信にとっては望み通りに戦乱の時代が訪れ、自分の才能を世に示す機会が訪れたことになります。
韓信はまず初めに反乱軍の中心的な存在であった項羽(英語名 Xiang Yu)の陣営に行って採用され、そこで警備兵の職を割り当てられます。
韓信にとっては満足のいかない身分でしたが、それにめげずに項羽に幾度も出会い、戦いの献策をします。
しかしこれが取り上げられることはなく、やがて韓信はむなしく項羽の陣営を去っていきます。
これには項羽が軍を奮い立たせて敵を撃ち破る猛将系タイプの将軍であったため、韓信の提案する作戦に心をひかれなかったこと、作戦面では腹心の范増(はんぞう)以外の人材を求めていなかったこと、などが原因になったと思われます。
もしも項羽がここで韓信を指揮官として採用するだけの見識を持っていれば、劉邦(英語訳 Liu Bang)との戦いの勝敗は逆転していたでしょう。
ともあれ、項羽の元では浮かばれなかった韓信は、秦が倒れて項羽が覇王となった後、辺境に追いやられていた劉邦に仕官します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)生誕と幼少期 [出合い系]

変なのっ!いろいろbyまゆみの英語 勉強法です。

生誕と幼少期

秦人との出合い系ご縁の地は甘粛省で秦亭と呼ばれる場所と伝えられ、現在の天水市清水県秦亭郷にあたる。
秦朝系サイトの「秦」はここに通じ、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は統一して、郡、県、郷、亭を置いた 。


人質との出合い系悪縁境遇


誕生時につけられた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の諱は「政」という。
秦の公子であった父・「子楚」(別名:異人)が当時、無料休戦協定で人質として趙系サイトへ送られており、「秦」系サイトではなく趙の首都・邯鄲で生まれたため「趙政」とも呼ばれた。
ただ父・子楚は公子とはいえ、20人以上の兄弟がいた妾腹であった。
それどころか祖父・安国君(子楚の父。後の孝文王。曽祖父・昭襄王の次子)は曽祖父の後継ですらなかった。

秦王を継ぐ可能性がほとんどない子楚は、昭襄王が無料協定をしばしば破って軍事攻撃を仕掛けていたことで、秦どころか趙でも立場を悪くする。
当然いつ殺されてもしかたがない身であり、人質としての価値が低かった趙では冷遇されていた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
Naturally it was the body which there was no help for it, and the value as the hostage was treated coldly in low 趙 even if murdered when.

そこで韓系サイトの裕福な商人であった呂不韋が出合い、目をつけた。
安国君の正室ながら子を産んでいなかった華陽夫人に無料、低額を投じて出会い系工作活動を行い、また子楚へも交際費を出資し評判を高めた。
子楚は呂不韋に出合い、感謝し、将来の厚遇を約束していた。
そのような折、呂不韋の妾 (趙姫)を気に入って譲り受けた子楚は、昭襄王48年(前259年)の正月に運命の男児との出合い系良縁を授かった。
正月にちなみ「政」と名付けられたこの赤子が、後に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)となる。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
This baby named "Sei" for New Year holidays becomes Qin Shi Huang.


死と隣り合わせの少年

政の祖父・安国君は亡くなった兄の代わりに太子となった。
だが曽祖父の昭襄王は子楚系サイトに一切配慮せず趙を攻め、紀元前253年にはついに邯鄲系サイトを無料包囲した。
そのため人質として趙側に処刑されかけた子楚だったが、番人を低額買収して秦系サイトへの脱出に成功した。
しかし妻子を連れる暇などなかったため、政は母と置き去りにされた。趙はこの二人を殺そうと探したが巧みに潜伏され見つけられなかった。
陳舜臣は、敵地のまっただ中で追われる身となったこの幼少時の出合い系体験が、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に怜悧な観察力を与えたと推察している。

邯鄲系サイトのしぶとい籠城に秦軍は撤退した。
そして前250年に昭襄王が没し、1年の喪を経て安国君が孝文王との出合い系即位。
呂不韋の工作どおり子楚が太子と成った。
そこで趙では国際出合い系信義上やむなく、10歳になった政を母の趙姫と共に秦の咸陽に送り返した。
ところが孝文王はわずか在位3日で亡くなり、紀元前249年に「奇貨」子楚が荘襄王として即位すると、呂不韋は丞相に任命された。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!いろいろホラズム・シャー朝への出合い系征服 [出合い系]

変なのっ!いろいろby英会話 教材 おすすめ まゆみ

ホラズム・シャー朝への出合い系征服

1218年、チンギス(英語:Genghis )はホラズム・シャー系サイトに通商使節を派遣したが、東部国境線にあるオトラルの統治者イネルチュクが欲に駆られ彼らを虐殺した(ただし、この使節自体が出合い征服事業のための偵察・挑発部隊だった可能性を指摘する説もある)。
その報復としてチンギス(英語:Genghis )は末弟テムゲ・オッチギンにモンゴル本土の留守居役を任せ、自らジョチ、オゴデイ、チャガタイ、トルイら嫡子たちを含む20万の軍隊を率いて中央アジア出合い遠征を行い、1219年にスィル川(シルダリア川)流域に到達した。
モンゴル帝国側の主な資料にはこの時のチンギス(英語:Genghis )の親征軍の全体の規模について、はっきりした数字は記録されていないようだが、20世紀を代表するロシアの東洋学者ワシーリィ・バルトリドは、その規模を15万から20万人と推計している。
モンゴル軍は金遠征と同様に三手に分かれて中央アジアを出合い席捲し、その中心都市サマルカンド、ブハラ、ウルゲンチをことごとく出合い征服した。
モンゴル系サイトの侵攻はきわめて計画的に整然と進められ、抵抗した都市は見せしめに破壊された。
ホラズム・シャー朝はモンゴル軍の前に各個撃破され、1220年までにほぼ出合い崩壊した。

ホラズム・シャー系サイトの君主スルターン・アラーウッディーン・ムハンマド、カスピ海南東部のアーバースクーン島にて他界する。
ホラズム・シャー系サ イトの君主アラーウッディーン・ムハンマドはモンゴル軍の追撃を逃れ、はるか西方に去ったため、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジェベとスベエデイを追討に派遣した。彼らの軍がイランを進むうちにアラーウッディーンはカスピ海上の島で窮死するが、ジェベとスベエデイはそのまま西進を続け、カフカスを経て南ロシアにまで出合い達した。
彼らの軍はキプチャクやルーシ諸公など途中の諸勢力の軍を次々に打ち破り、その脅威はヨーロッパにまで伝えられた。
一方、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)率いる本隊は、アラーウッディーンの子でアフガニスタン・ホラーサーンで抵抗を続けていたジャラールッディーン・メングベルディーを追い、南下を開始した。
モンゴル系サイトは各地で敵軍を破り、ニーシャープール、ヘラート、バルフ、メルブ(その後二度と復興しなかった百万都市)、バーミヤーンといった古代からの大都市をことごとく破壊、住民を虐殺した。
アフガニスタン、ホラーサーン方面での戦いはいずれも最終的には勝利したものの、苦戦を強いられる場合が多かった。
特に、ジャラールッディーンが所領のガズニーから反撃に出た直後、大断事官シギ・クトク率いる3万の軍がジャラールッディーン軍によって撃破されたことに始まり(パルワーンの戦い)、バーミヤーン包囲戦 では司令官だったチャガタイの嫡子モエトゥゲンが流れ矢を受けて出合い戦死し、チンギス本軍がアフガニスタン遠征中ホラーサーンに駐留していたトルイの軍では、離反した都市を出合い攻撃中に随伴していた妹トムルンの夫で母方の従兄弟でもあるコンギラト部族のチグウ・キュレゲンが戦死するなど、要所で手痛い反撃に見舞われていた。
アフガニスタン・ホラーサーン方面では、それ以外のモンゴル帝国の征服戦争と異なり、徹底した破壊と出合い虐殺が行なわれたが、その理由は、ホラズム・シャー朝が予定外に急速に崩壊してしまったために、その追撃戦が十分な情報収集や工作活動がない無計画なアフガニスタン・ホラーサーン侵攻につながり、このため戦況が泥沼化したことによるのではないかと する指摘も近年、モンゴル帝国史を専門とする杉山正明らによって指摘されている。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジャラールッディーンをインダス川のほとりまで追い詰め出合い撃破するが、ジャラールッディーンはインダス川を渡ってインドに逃げ去った。
寒冷なモンゴル高原出身のモンゴル軍は高温多湿なインドでの作戦継続を諦め、追撃を打ち切って帰路についた。
チンギス(英語:Genghis )は中央アジアの北方でジェベ・スベエデイの別働隊と合流し、1225年になってようやく帰国した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!クチュルク系サイトへの出合い征服 [出合い系]

変なのっ!いろいろby英会話 教材 おすすめ まゆみ

クチュルク系サイトへの出合い征服

このころ、かつてナイマン部族連合の首長を受け継いだクチュルクは西走して西遼に保護されていたが、クチュルクはそれにつけ込んで西遼最後の君主耶律直魯古から王位を簒奪していた。
モンゴル帝国は西遼の混乱をみてクチュルクを追討しようとしたが、モンゴル系の主力は、このときまでに西夏と金に対する継続的な遠征出合いの10年によって疲弊していた。
そこで、チンギスは腹心の将軍ジェベに2万の軍を与えて先鋒隊として送り込み、クチュルクに当たらせた。
クチュル クは仏教に改宗して地元のムスリム(イスラム教徒)を抑圧していたので、モンゴル系サイトの放った密偵が内乱を扇動するとたちまちその王国は分裂し、ジェベは敵国を大いに打ち破った。
クチュルク系サイトはカシュガルの西で敗れ、敗走した彼はやがてモンゴルに捕えられ処刑されて、西遼の旧領はモンゴルに併合された。
この遠征の成功により、1218年までには、モンゴル国家は西はバルハシ湖まで出合いを拡大して、南にペルシア湾、西にカスピ海に達するイスラム王朝、ホラズム・シャー朝に接することとなった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

悲しい粛清との出会い [出合い系]

悲しい粛清との出会い三ツ星
その年の7月、燕王臧荼が反乱を起こし、劉邦(まゆみの、英語/英会話での発音 Liu Bang)は親征してこれを下し、幼馴染の盧綰を燕王とした。
その中で劉邦は次第に部下や諸侯に猜疑の出会い三ツ星の目を向けるようになった。
特に韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)・彭越・英布の3人は領地も広く、百戦錬磨の武将であり、最も危険な存在であった。
ある時「韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が反乱を企んでいる」と讒言する者があった。
群臣たちは韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)に対する妬みもあり、これを討伐するべきだと言ったが、陳平は軍事の天才・韓信とまともに戦うのは危険であると説き、だまして捕らえることを提案した。
劉邦はこれを受け入れて、巡幸に出るから韓信も来るようにと言いつけ、匿っていた鍾離昧の首を持参した韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)がやって来た所を虜にし、楚王から格下げして淮陰侯にした。
翌年、匈奴に攻められて降った韓王信がそのまま反乱を起こした。
劉邦はまた親征してこれを下した。
翌紀元前200年、匈奴の冒頓単于を討つために更に北へ軍を動かした。
しかし、冒頓単于は弱兵を前方に置いて、負けたふりをして後退を繰り返したので、追撃を急いだ劉邦軍の戦線が伸び、劉邦は少数の兵とともに白登山で冒頓単于に包囲された。
この時、劉邦は7日間食べ物がなく窮地に陥ったが、陳平の策略により冒頓単于の妃に賄賂を贈り、脱出に成功した。
その後、劉邦と冒頓単于は匈奴を兄・漢を弟として毎年貢物を送る条約を結び、以後は匈奴に対しては手出しをしないことにした。
紀元前196年、韓信は反乱を起こそうと目論んだが、蕭何の、出会い三ツ星の策で捕らえられ、誅殺された。
この時劉邦は遠征に出ていたが、帰って韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が誅殺されたことを聞かされるとこれを悲しんだ。
同年、彭越は捕らえられて蜀に流される所を呂雉の策謀により誅殺され、一人残った英布は反乱を起こした。
劉邦はこの時体調が良くなく太子(恵帝)を代理の将にしようかと考えていたが、呂雉らにこれを諫められ、親征して英布を下した。
この遠征から帰る途中で故郷の沛に立ち寄って宴会を行い、この地の子供120人を集めて「大風の歌」を歌わせた。
大風起こりて雲飛揚す(大風起兮雲飛揚) 威海内に加わりて故郷に帰る(威加海内兮歸故鄕) いずくむぞ猛士を得て四方を守らしめん(安得出会い三ツ星猛士兮守四方)
そして沛に永代免租の特典を与え、沛の人たちから請われて故郷の豊にも同じ特典を与えた。
しかし英布戦で受けた出会い三ツ星の矢傷が元で、更に病状が悪化し、翌紀元前195年に呂雉に対して、今後誰を丞相とするべきかの人事策を言い残して死去した。
この際、自らの死期を悟った劉邦は、「死後どうすればよいのか」と問う呂雉に対し、「(丞相・相国の)蕭何に任せておけばよい。
その次は曹参が良かろう」と言い、更に何度も「その次は?」と聞く呂雉へ「その次は王陵が良いだろうが、愚直すぎるので陳平を補佐とするとよい。
だが陳平は頭が切れすぎるから、全てを任せるのは危ない。
社稷を安んじるものは必ずや周勃であろう」と言った。
そして、なおも「その次は?」と聞く呂雉に「お前はいつまで生きるつもりだ。
その後はお前にはもう関係ない」と言っている。
果たしてこの出会い三ツ星の遺言は、のちにすべて的中することになる。
劉邦の人物眼の確かさが伺われる。
死後、太子が即位して恵帝となったが、実権は全て呂雉に握られ、強大な諸侯は全て劉邦に粛清されており対抗できる者もなく呂氏の時代がやって来た。
しかし呂雉の死後、周勃と陳平により呂氏は粛清され、文帝が迎えられ、文景の治の繁栄がやってくる。
史上初めての出会い、三ツ星の皇帝・始皇帝は以後の中国にとって悪例として残り、その後の混乱を収めた劉邦は好例として「皇帝(英雄)とはかくあるべき」という理想を、後世の多くの人々の心に形作ることになる。
例えば明の朱元璋は李善長より「高祖のごとくすれば、天下はあなたのものになる」と進言され、これを受け入れている。
特に劉邦と張良の関係に代表される、有能な部下を全面的に信頼してその才を遺憾なく発揮させる点は、後の世にもたびたび引き合いに出された。


劉邦part 6 天下統一~出会い三ツ星の成就 [出合い系]

天下統一~出会い三ツ星の成就

項羽は東へ引き上げ、劉邦も西へ引き上げようとしていたが、張良と陳平は退却する項羽の軍を攻めるよう進言した。
もしここで両軍が引き上げれば楚軍は再び三ツ星の勢いを取り戻し出会い、漢軍はもはやこれに対抗できないだろうというのである。
劉邦はこれを容れて、項羽軍の後方を襲った。
劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は同時に、韓信と彭越に対しても兵士を連れて項羽攻撃に参加するように要請したが、どちらも来なかった。
劉邦が三ツ星クラスの恩賞との出会い縁の約束をしなかったからである。
張良にそれを指摘された劉邦は思い切って韓信と彭越に大きな領地の約束をし、韓信軍と彭越軍に出会い、劉邦軍は一気に巨大化した。
項羽に対して有利な立場に立ったことで、その他の諸侯の軍も雪崩をうって劉邦に味方し、ついに項羽を垓下に追い詰めた。
追い詰めはしたものの、やはり項羽と楚兵は三ツ星クラスで勇猛であり、漢軍は連日大きな犠牲を出した。
このため張良と韓信は無理に攻めず包囲しての兵糧攻めを行い、楚軍を崩壊させた。
項羽は残った少数の兵を伴い包囲網を出会い系破したが、楚へ逃亡することを潔しとせず、途中で漢の大軍と戦って自害した(垓下の戦い)。
遂に項羽を倒した劉邦は、いまだ抵抗していた魯を下し、残党たちの心を静めるために項羽を厚く弔った。
紀元前202年、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は群臣の薦めを受けて、ついに皇帝に即位した。
論功行賞をした際、戦場の功のある曹参を第一に推す声が多かったが、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)はそれを退けて蕭何を三ツ星評価とした。
常に敗れ続けた劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は、蕭何が常に用意してくれた兵員と物資との出会い系システムがなければとっくの昔に滅び去っていたことを知っていたのである。
また韓信を楚王に、彭越を梁王に封じた。
張良にも3万戸の領地を与えようとしたが、張良はこれを断った。
また、劉邦を裏切って魏咎に就くなど、挙兵時から邪魔をし続けながら、最後はまたぬけぬけと漢中陣営に加わり、劉邦が殺したいほど憎んでいた雍歯を真っ先に什方侯にした。
これは、論功行賞で不平を招いて反乱が起きないための張良の策で、他の諸侯に「あの雍歯が賞せられたのだから、自分にもちゃんとした恩賞が下るだろう」と安心させる効果があった。
劉邦は最初洛陽を首都にしようと考えたが、劉敬が長安を首都にする利点を説き、張良もその意見に賛同すると、すぐさま長安に行幸し首都に定めた。
劉邦が家臣たちと酒宴を行っていた時、劉邦は「わしが天下を取って、項羽が天下を失った理由を言ってみなさい」と言った。
これに答えて高起と王陵が「陛下は傲慢で人を侮ります。これに対して項羽は仁慈で人を慈しみます。
しかし陛下は功績があったものには惜しみなく領地を与え、天下の人々と利益を分かち合います。
これに対して項羽は三ツ星の賢者との出会い縁を妬み、功績のある者に恩賞を与えようとしませんでした。
これが天下を失った理由と存じます」と答えた。
劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は「貴公らは一を知って二を知らない。
策を帷幕の中に巡らし、勝ちを千里の外に決することではわしは張良に及ばない。
民を慰撫して補給を途絶えさせず、民を安心させることではわしは蕭何に及ばない。
軍を率いて戦いに勝つことではわしは韓信に及ばない。
わしはこの三人の三ツ星の英傑を見事に使いこなした。
しかし項羽は范増一人との出会い縁すら有効に使いこなせなかった。
これがわしが天下を取った理由だ」と答え、その答えに群臣は敬服した。

漢楚戦争~さまざまな出合い縁 [出合い系]

漢楚戦争~さまざまな出合い縁

この時期に劉邦陣営に新たに加わったのが韓信である。韓信は元は項羽軍にいたが、その才能がまったく用いられず、劉邦軍へと鞍替えしてきたのである。最初は単なる兵卒や下級将校であったが、やがて韓信の才能を見抜いた蕭何の推挙により、大将軍となった。その際に韓信は、「項羽は強いがその強さは脆いものであり、特に処遇の不満が蔓延しているため東進の機会は必ず来る。劉邦は項羽の逆を行えば人心を掌握できる」と説いた。また、「関中の三王は20万の兵士を犠牲にした秦の元将軍であり、人心は付いておらず関中は簡単に落ちる。劉邦の兵士たちは東に帰りたがっており、この帰郷の気持ちをうまく使えば強大な力になる」と説いた。劉邦はこの進言を全面的に用いた。

そして韓信の予言通り、項羽に対する反乱が続発し、項羽はその鎮圧のため常勝ながら東奔西走せざるを得なくなる。項羽は劉邦にも疑いの目を向けたが、劉邦は張良の策によって桟道を焼き払って漢中を出る意志がないと示し、更に項羽に対して従順な文面の手紙を出して反抗する気がないように見せかけていた。これで項羽は安心し、反乱を起こしていた斉の田栄を討伐に向かった。

それを見た劉邦は、桟道以前に使われていた旧道を通って関中に出撃し、一気に章邯らを破って関中を手に入れ、ここに社稷を建てた。

一方、遠征先の斉でも、項羽は相変わらず城を落とすたびにその住民を皆殺しにする蛮行を繰り返したため、斉の人々は頑強に抵抗した。このため項羽は斉攻略にかかりきりになり、その隙に乗じた劉邦はさらに東へと軍を進め、途中の王たちを恭順・征服しながら項羽の本拠地・彭城を目指した。

紀元前205年、劉邦は味方する諸侯との56万と号する連合軍を引き連れて彭城へ入城した。入城した漢軍は勝利に浮かれてしまい、日夜城内で宴会を開き、女を追いかけ回すという有様となった。一方、彭城の陥落を聞いた項羽は自軍から3万の精鋭を選んで急いで引き返し、油断しきっていた漢軍を散々に打ち破った。この時の漢軍の死者は10万に上るとされ、川が死体のためにせき止められたという(彭城の戦い)。劉邦は慌てて脱出したが、劉太公と呂雉が楚軍の捕虜となってしまった。この大敗で、それまで劉邦に味方していた諸侯は一斉に楚になびいた。

劉邦は息子の劉盈(恵帝)と娘(魯元公主)と一緒に馬車に乗り、夏侯嬰が御者となって楚軍から必死に逃げていた。途中で追いつかれそうになったので、劉邦は車を軽くするために2人の子供を突き落とした。あわてて夏侯嬰が2人を拾ってきたが劉邦はその後も落とし続け、そのたびに夏侯嬰が拾ってきた(「親から子は生まれるが、子から親は生まれない。」ということで、親である劉邦を保全するために子を犠牲にするというのは、儒教的倫理からすればそれほど非難されるものではない)。

劉邦は碭で兵を集めて一息ついたものの、ここで項羽に攻められれば防ぎきれないことは明らかだったので、随何に命じて英布を味方に引き込もうと画策し、これに成功した。しかし英布は楚の武将・龍且と戦って破れ、劉邦の元へと落ち延びてきた。劉邦は道々兵を集めながら軍を滎陽(河南省滎陽)に集め、周囲に甬道(壁に囲まれた道)を築いて食料を運び込ませ、篭城の用意を整えた。この時期、劉邦の幕僚に謀略家・陳平が加わっている。

その一方、別働隊に韓信を派遣し、魏・趙を攻めさせて項羽を背後から牽制しようとした。また元盗賊の彭越を使い、項羽軍の背後を襲わせた。

紀元前204年、楚軍の攻撃は激しく、甬道も破壊されて漢軍の食料は日に日に窮乏してきた。ここで陳平は項羽軍に離間の計を仕掛け、項羽とその部下の范増・鍾離昧との間を裂くことに成功する。范増は軍を引退して故郷に帰る途中、怒りの余り、背中にできものを生じて死亡した。

離間の計は成功したものの、漢の食糧不足は明らかであり、将軍の紀信を偽の劉邦に仕立てて項羽に降伏させ、その隙を狙って劉邦本人は西へ脱出した。その後、滎陽は御史大夫の周苛が守り、しばらく持ちこたえたものの、項羽によって落とされた。

西へ逃れた劉邦は関中にいる蕭何の元へ戻り、蕭何が用意した兵士を連れて滎陽を救援しようとした。しかし袁生が、真正面から戦ってもこれまでと同じことになる、南の武関から出陣して項羽をおびき寄せる方がいいと進言した。劉邦はこれに従って南の宛に入り、思惑通り項羽はそちらへ向かった。そこで項羽の後ろで彭越を策動させると、こらえ性のない項羽は再び軍を引き返して彭越を攻め、その間に、劉邦も引き返してくる項羽とまともに戦いたくないので、北に移動して成皋(河南省氾水)へと入った。項羽は戻ってきてこの城を囲み、劉邦は支えきれずに退却した。

夏侯嬰のみを供として敗走していた劉邦は、韓信軍が駐屯していた修武(河南省獲嘉)へ行って、韓信が陣中で寝ているところに入り込み、韓信の軍隊を取り上げた。更に劉邦は韓信に対して斉を攻めることを命じ、曹参と灌嬰を韓信の指揮下とした。また盧綰と従兄弟の劉賈には項羽の本拠地である楚へ派遣し後方撹乱を行わせた。

韓信はその軍事的才能を遺憾なく発揮し、斉をあっさりと下し、楚から来た20万の軍勢と龍且をも打ち破った。ただ斉を攻める際に手違いがあり、斉に漢との同盟を説きに行った酈食其が殺されるということが起きている。

紀元前203年、劉邦は項羽と対陣して堅く守る作戦をとっていたが、一方で項羽の後ろで彭越を活動させ、楚軍の兵站を攻撃させていた。項羽は部下の曹咎に「15日で帰るから手出しをしないで守れ」と言い残して出陣し、彭越を追い散らしたが、曹咎は漢軍の挑発に耐えかねて出陣し、大敗していた。漢軍は項羽が帰ってくると再び防御に徹し、項羽が戦おうと挑んでもこれに応じなかった。

その頃、韓信は斉を完全に制圧し、劉邦に対して鎮撫のため仮の斉王になりたいとの使者を送ってきた。これを聞いた劉邦は怒って声を荒げそうになったが、それを察知した張良と陳平に足を踏んで諫められ、もし韓信が離反してしまえば取り返しがつかないことを悟り、韓信を正式な斉王に任命した。

漢楚両軍は長い間対峙を続け、しびれを切らした項羽は捕虜になっていた劉太公を引き出して大きな釜に湯を沸かし「父親を煮殺されたくなければ降伏しろ」と迫ったが、劉邦はかつて項羽と義兄弟の契りを結んでいたことを持ち出して「お前にとっても父親になるはずだから殺したら煮汁をくれ」とやり返した。次に項羽は「二人で一騎打ちをして決着をつけよう」と言ったが、劉邦は笑ってこれを受けなかった。そこで項羽は弩の上手い者を伏兵にして劉邦を狙撃させ、矢の一本が胸に命中した劉邦は大怪我をした。これを味方が知れば全軍が崩壊する危険があると考え、劉邦はとっさに足をさすり、「奴め、俺の指に当ておった」と言った。その後劉邦は重傷のため床に伏せたが、張良は劉邦を無理に立たせて
軍中を回らせ、兵士の動揺を収めた。

一方、彭越の後方攪乱によって楚軍の食料は少なくなっていた。もはや漢も楚も疲れ果て、天下を半分に分けることを決めて講和した。この時、劉太公と呂雉は劉邦の下に戻ってきている。

恋愛においての出会いと絆のための自分(by まゆみの「英会話 教材」) [出合い系]

asagiの出会いと絆
恋愛においての出会いと絆のための「自分が人を愛することと、相手から愛されること」のバランスの重要性
世間には、女性は「愛された方が幸せ」という風潮が未だにまかり通っているようです。でも、これは心理学的にも、運命学的にも、こと恋愛に関して言えば、必ずしも正しいとは言いきれません。なぜなら、恋愛は「愛し愛されること」のバランスの上で成り立つ関係だから
です。
 恋愛においての出会いと絆において「自分が人を愛することと、相手から愛されること」のバランスが崩れると、決して幸せになることはできません。人が、ただひたすら愛されて幸せを感じることができるのは、唯一、赤ん坊のときだけです。

ここを英語会話で~
If the balance of "being loved and loved" collapses in romantic relationship, it can never become fortunate.
It is uniquely only at a baby's time that people are merely loved intently and can feel happiness.(by まゆみの「英会話 教材」)
さて、恋愛においてはまず何よりも、相手を愛することが必要になりますが、そのためには「自分自身を愛する」ということが必要です。
世の中には恋愛ベタといわれる人がたくさんいます。その多くは、単にシャイな性格が災いしてチャンスを逃しているだけだと思われますが、中には「心から他人を愛することができない」という深刻な悩みを抱える人も少なくありません。逆に、いつも相手に尽くしてばかり
で、結局、相手の重荷になって捨てられてしまうなんていう恋愛関係を繰り返す人もいます。
わたくしasagiも、これまで体験してきた出会い、恋愛でも、絆に執着しすぎて何度も失敗してきました。
いずれも、「自分が人を愛することと、相手から愛されること」のアンバランスが原因と考えられます。これらのパターンに陥る人の共通点は、多くの場合、「自分自身を愛していない」ということです。
自分自身を愛せないと、自分と同じ人間である他人を愛することができなくなります。

ここを英語会話で~
If he cannot be loved, it becomes impossible to love others who are the same human beings as themselves.(by まゆみの「英会話 教材」)

また、自分自身を愛していないと、自尊心を保てなくなるので、いつも「自分が誰かから必要とされている」という絆の存在を確認することでしか、自分の存在意義を認めることができなくなってしまいます。
それゆえ、恋愛においても「いつも相手に必要とされたい」という思いだけが募り、自分を必要としてくれる相手をどうしても失いたくない、絆を守るがために、相手に執着し、結果として溺愛する結果となります。つまり、自分の存在意義を確認するために、恋愛関係に過度に依存して
しまうことになるのです。

ここを英語会話で~
In order to check one's raison d'etre, it will be dependent on romantic relationship too much. (by まゆみの「英会話 教材」)

英語会話が多くてすみません。
I am sorry that there is much English conversation.(by まゆみの「英会話 教材」)
犬井美佐子「変なのっ!いろいろな出会い」英会話 教材 でした。

英語参考サイト
まゆみの「英会話 教材

出会い参考サイト
理想の出合い系サイトで素敵なな出合い
 
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
出合い系 ブログトップ