So-net無料ブログ作成
いろいろ出会い ブログトップ

司馬懿 八卦の陣との出合い [いろいろ出会い]

司馬懿いろいろ八卦の陣との出合い

帰還した孔明は、敗戦処理で軍の規律上止むを得ず馬謖を斬り、丞相の職を辞任。
右将軍に降格した…
まゆみのえいご教材>>The rule top of an army cuts Bashoku with loss processing inevitably, and Kong-ming who returned resigns from the prime minister's work.
... demoted for the right general
11月の第二次北伐では、司馬懿は前々から陳倉の要衝に目をつけ守将に郝昭(かくしょう)を当たらせた。
孔明は、陳倉を攻めるやいなや新兵器で、改良した「雲悌」や「衝車」などを用いたり新戦術を用いたりしたが、ことごとく失敗に終わり20余日たっても陥落できなかった為、斜谷(やこく)に進出したが、曹真が守りを固めていたので撤収した。
しかし、陳倉の郝昭が、重病だと知り奇襲作戦をとる。陳倉城を陥落させ入城するが、張包死去の報が入り退却した。
230年、これまで防戦一方だった司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)は蜀を討つため、漢中へ出撃。
曹真、張郃らを従えて蜀へ侵攻した。
しかし、30日以上にもなる長雨が続き、戦線を維持できず撤収するが、孔明率いる蜀軍は、祁山で曹真を追撃してきた。
まゆみのえいご教材>>But the long rain from which more than 30 days have also passed continues, and the front can't be maintained, and I withdraw, but shokugun Kong-ming leads has chased after soumakoto in keyama.
孔明は、軍を二手に分け山越えをした兵と、敵兵を装った兵で曹真を討ち崩した。
また、諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)はその勢いで武都・陰平(いんぺい)の二郡を攻撃させ平定した。
司馬懿は、孔明の進軍を抑えるため陣形の勝負を挑んだ。
孔明は「八卦の陣(はっけのじん)」をしき、司馬懿にこれを破れるかと申した。
もちろん、こんなことを言われて黙っている司馬懿ではなく、八卦の陣を破りにきたが破れず敗走、戦いは孔明の勝利に終わる.

しかし、策略では司馬懿は負けていなかった。
まゆみのえいご教材>>But Shibai wasn't defeated in a scheme.
司馬懿は降伏してきた蜀兵に「孔明が謀反の疑いがある」という噂を流させると、その噂は蜀の首都成都に居る皇帝・劉禅の耳に入り、劉禅は孔明を呼び戻す。
孔明は撤退を余儀なくされた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

変なのっ!いろいろ帝国の建設 [いろいろ出会い]

犬井まゆみ「変なのっ!いろいろ」帝国の建設
1206年初春、オノン川上流での大クリルタイによって、テムジン、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)として即位する。
1205年、テムジンは高原内に残った最後の大勢力である西方のナイマンと北方のメルキトを破り、宿敵ジャムカを遂に捕えて処刑した。
やがて南方のオングトもテムジンの権威を認めて出合い服属し、高原の全遊牧民はテムジン率いるモンゴル系サイトの支配下に入った。
翌1206年2月、テムジンはフフ・ノールに近いオノン川上流の河源地において功臣や諸部族の指導者たちを集めてクリルタイを開き、九脚の白いトゥク(ヤクやウマの尾の毛で旗竿の先を飾った旗指物、旗鉾。)を打ち立て、諸部族全体の統治者たる大ハーンに即位してモンゴル帝国を開いた。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)という名はこのとき、イェスゲイ一族の家老モンリク・エチゲという人物の息子で、モンゴルに仕えるココチュ・テプテングリというシャーマン(巫者)がテムジンに奉った尊称である。「チンギス」という語彙の由来については確実なことは分かっていない。
元々モンゴル語ではなくテュルク語から来た外来語だったとみられ、「海」を意味するテンギズ (tenggis / tenngiz) を語源に比定する説や、「烈しい」を意味したとする説、「世界を支配する者」を意味したとするなど、さまざまに言われている。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)は、腹心の僚友(ノコル)に征服した遊牧民を領民として分け与え、これとオングトやコンギラトのようにチンギスと同盟して服属した諸部族の指導者を加えた領主階層を貴族(ノヤン)と呼ばれる出合い階層に編成した。
最上級のノヤン88人は千人隊長(千戸長)という官職に任命され、その配下の遊牧民は95の千人隊(千戸)と呼ばれる集団に編成された。
また、千人隊の下には百人隊(百戸)、十人隊(十戸)が十進法に従って置かれ、それぞれの長にもノヤンたちが任命された。

戦時においては、千人隊は1,000人、百人隊は100人、十人隊は10人の兵士を動員することのできる軍事単位として扱われ、その隊長たちは戦時にはモンゴル系帝国軍の将軍となるよう定められた。
各隊の兵士は遠 征においても家族と馬とを伴って移動し、一人の乗り手に対して3 - 4頭の馬がいるために常に消耗していない馬を移動の手段として利用できる態勢になっていた。
そのため、大陸における機動力は当時の世界最大級となり、爆発的な行動力をモンゴル系サイト軍に与えていたとみられる。
千人隊は高原の中央に遊牧するチンギス・カン(英語:Genghis Khan)直営の領民集団を中央として左右両翼の大集団に分けられ、左翼と右翼には高原統一の功臣ムカリとボオルチュがそれぞれの万人隊長に任命されて、統括の任を委ねられた。
このような左右両翼構造のさらに東西では、東部の大興安嶺方面にチンギスの3人の弟ジョチ・カサル、カチウン、テムゲ・オッチギンを、西部のアルタイ山脈方面にはチンギスの3人の息子ジョチ、チャガタイ、オゴデイにそれぞれの遊牧領民集団(ウルス)を分与し、高原の東西に広がる広大な領土を分封した。
チンギス(英語:Genghis )の築き上げたモンゴル帝国の左右対称の軍政一致構造は、モンゴルに恒常的に征服戦争を続けることを可能とし、その後のモンゴル帝国の拡大路線を決定付けた。
クリルタイが開かれたときには既に、チンギスは彼の最初の征服戦である西夏との出合い戦争を起こしていた。
堅固に護られた西夏の都市の攻略に苦戦し、また1209年に西夏との講和が成立したが、その時点までには既に西夏の支配力を減退させ、西夏の皇帝にモンゴル系の宗主権を認めさせていた。
さらに同年には天山ウイグル王国を服属させ、経済感覚に優れたウイグル系サイトの人民の協力を得ることに成功する。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Yahoo!知恵袋って出合い系サイトなのか? [いろいろ出会い]

ふと思ったのですが、Yahoo!知恵袋って出合い系サイトなのか?
そもそも「Yahoo!知恵袋って出合い系サイトなのか?コミュニティサイト」の定義って何なのか?
Yahoo!知恵袋は「Q&A式の掲示板サイト」として位置づけられています。

ちなみに、インターネットコミュニティとは、WWW(ワールド ワイド ウェブ)等のインターネットのアプリケーションを通じて共通の関心分野、価値観や目的を持った利用者が集まって持続的に相互作用する場であり、提供されるウェブサービスの総称です。
関心分野としては、ライフスタイル/ライフイベント/趣味嗜好/時事/知識創発などがあります。
目的は、多種多様だが大きくは、英語英会話情報交換型コミュニティ(情報交換・評価/問題解決・相互扶助が目的)と社交型コミュニティ(コミュニケーションが目的)に区分できます。
インターネットコミュニティでは、集まった利用者の自発的な活動を通じて情報の共有(N対N)や発信(1対N)などコミュニケーションが行われます。
利用者同士の話し合いで編集を行ったり、規則(ネチケット)を制定したりするウィキペディアもコミュニティの一種だと言えます。
ウェブサービスとしては、電子掲示板、ブログ、SNS、チャット、口コミ、メーリングリスト、ウィキ、ネットニュース、仮想空間などの組み合わせによって成立しているものが多く、利用者間でメッセージのやり取り(1対1)を可能にするパーソナルコミュニケーションツールを提供する場合も多いです。
その前史は、IP以前の草の根BBSやUSENET、fj.*他のネットニュース、後者から分化したメーリングリストに求めることができます。
インターネットが一般に普及してきて、コミュニティへの参入者が増え、新しいコミュニティも多く形成されました。
一方で、犯罪予告など悪意を含んだ書き込みがされる2ちゃんねるといった匿名掲示板や、出会い系サイトによる殺人事件など負のイメージもあります。
韓国では誹謗中傷サイトなどに集まるコミュニティーを悪プルコミュニティーという。悪性コメントを書き込むキーボードウォリアー達が集結します。

事業者がネットコミュニティを提供する目的は、mixiやモバゲータウンのようにメディア事業を目的として構築する場合とメーカーなどが既存事業に対するマーケティング効果などシナジーを求めて構築する場合があります。
・事業者がネットコミュニティを構築するビジネス効果
・英語英会話サイト活性化効果
・アクティブユーザーの増加
・英語英会話サイトへのロイヤリティーの向上
・リピーターの増加
・サイト滞在時間の増加
・プロモーション効果
・英語英会話サイト内コンテンツ数の増大
・英語英会話サイトアクセスの増加
・新規ユーザーの獲得
・マーケティング効果
・ユーザーのニーズ調査
・ユーザーのデータ収集
・ネットコミュニティの・利用者が得る効用メリット
・経済的メリット(効率の上昇/支出の抑制/収入の増加)

毛 沢東 出会いpart 1 [いろいろ出会い]

犬井美佐子です。毛 沢東 との出会いで英語学習part 1です。

毛 沢東(英語で Mao Zedong、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家。
筆名は子任。中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席と中央軍事委員会主席を務めた。

毛沢東(英語で Mao Zedong)は、日中戦争後は蒋介石が率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国した。
ここを英語訳で>>Chiang Kaishek drove away led China in Taiwan after the Sino-Japanese war, and Mao Zedong founded China.

以後、死去するまで中国の最高指導者の地位にあった。
ここを英語訳で>>It matched the status of the Chinese supreme leader until that was dead.


現代世界史において大きな業績を遺した人物とみなされており、タイム誌の「20世紀の重要人物」の1人に名を連ねている。
ここを英語訳で>>It's regarded as the person who left big achievement in a present-day world history and is named on 1 person of the 20th "century mogul" on Time Magazine.

毛は、思想家、戦略家として評価されており、詩人としても名高い。
ここを英語訳で>>He is estimated as a thinker and a strategist and is renowned as a poet, too.

一方、毛沢東(英語で Mao Zedong)の政策については現在でも議論の対象となっている。
ここを英語訳で>>On the other hand, it's made the target of argument even at present about Mao Zedong's policy.

研究者は、毛の引き起こした大躍進政策と文化大革命のような、文化、社会、経済、外交に重大な損害をもたらした問題について非難するとともに、彼の政策による犠牲者を数千万と推定する。
そして、マルクス主義・ソ連型社会主義を中国社会に導入しようとした毛の政策は、産業の面において、結局失敗に終わったと論じる。

[ひらめき]英語英会話教材をお探しなら[バッド(下向き矢印)]
「まゆみの英語会話教材ベストマッチング」失敗しない英語英会話教材の選び方

    
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
いろいろ出会い ブログトップ