So-net無料ブログ作成

孫子の兵法とは [まゆみのえいご教材]

孫子○まゆみのえいご漬け教材○
孫子の兵法とは

heihou.jpg
中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。
後に武経七書の一つに数えられている。
古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。

『孫子』の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武は戦史研究の結果から、戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析した。
『孫子』の意義はここにある。


兵は詭道なり

戦とは騙しあいである、ということ。
○まゆみのえいご漬け教材○
It means that fighting is cheating.

基本的には、企業VS企業を想定したほうがイメージしやすいだろう。
できるのにできないふりをして見せたり、欲しいものを要らないように見せたり、提携しているのに敵対しているように見せたり、争っているように見せて裏では手を組んだりと。
お客に対しても、どうしてもこの契約をとりたいという気持ちはグッとこらえて、申し込みが殺到しているのでしばらく待ってもらうというように話を進めてみたり、競合にあえて参戦してもらい、混乱させる仕掛けを作っておいて失敗させ、うちと契約したほうが有利だと思わせるなどいくらでも応用することができる。
人を傷つけて騙す詐欺のようなものは許しがたいが、市場に参加した者同士が相手を欺き有利にことを進めんとすることは必然的なことだろう。



智者の慮は必ず利害に雑う

お客さんに何かを買わせるためには、とにかく利を説くこと。
○まゆみのえいご漬け教材○
In order to make customers buy something, preach the interest anyway.
害も利に言い換えて、利によって客の心を動かす。
もしくは、害のある状態をしっかりと認識させて、利に変える方法を丁寧に説明する。
普通の人はこれで動く。
だが、こういった甘言に流されるのは智者ではない。
利と害についてしっかりと分析し、何をすべきかを考えそれを実行するのが智者である。
智者は利だけでなく、また害だけでもなく、両方を合わせてよく考える。



善く戦うものは人を致して人に致されず

戦いがうまい人は、主導権を握り、主導権を渡さない。
○まゆみのえいご漬け教材○
People who are good at battle take the initiative and do not give the initiative.
主導権を握るためには、大きな流れを把握して臨機応変な判断をしなければいけない。
そのためには、基礎として目的・戦略・戦術が頭の中に出来上がっていなければいけない。
主導権を握って離さないというのは、ピラミッドの頂点の要素であり、それを支える土台がしっかりしてこそできる技である。



善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり

戦が上手な者は、勝ちやすい状況で戦って 勝つのである。
○まゆみのえいご漬け教材○
Those who are good at battle fight and win in a winning situation.
営業が苦手な人は、余計なことを言ったり、相手の言ったことに対して適切な反応をしないために、余計なフォローばかりに追われて契約に至らない。
営業が得意な人は、事前に相手の反応を想定し、それに対する対応を用意しておき自然と契約に至る流れに持っていく。
緩やかな川の流れのように、乱れず流れるがままに契約に至る。
全体の流れをあらかじめイメージしておき、支流に流れる前に、本流に誘導していくことで、余裕をもってことを進めることができる。
一度支流に流れてしまえば、一流の営業マンでも元に戻すのは一筋縄ではいかない。
自然の流れを利用すれば、ウォータースライダーのように枠を作り、そこを水の流れとともに顧客をスムーズに流し着水まで持っていける。
後手後手ではなく、先手先手で動いていく、それでこそ
「善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり」ということである。




彼を知り己を知れば、百戦して危うからず

戦において、敵と味方のことを熟知してい れば負ける心配はない。
○まゆみのえいご漬け教材○
There is no worry about losing if you are familiar with enemies and friends in the war.
孫子のこの言葉は有名であり、また似たような概念の言葉もたくさんある。
なので、誰もが知識としては相手を知ること、自分を知ることの重要性は知っている。
だが、それを行動として実践できる人となると、極端に少なくなる。
言葉を知っているだけでは、何の役にも立たない。
言葉の意味を理解して、行動に落とし込んでこそ役立てることができる。
まず簡単に、孫子の理論を使いたいのであれば、SWOT分析を使うのもいい。
SWOT分析とは、強味・弱み・機会・脅威の頭文字をとった言葉。
これを、自分と相手方の分析をして比較する。
孫子の兵法を実践するには、シンプルで簡単に使えるツールなどを利用して普段の生活の中に落とし込んでルーチン化することである。
シンプルでなければ続かないし、簡単でなければ使えない。
そして、実践しなければ役に立たない。
できる人は、シンプルで簡単なことを当たり前のようにやり続けている。
複雑な物事も細分化し、シンプルな事象の複合と考える。
だから百回、戦おうとも難なく勝つことができる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

孫子○まゆみのえいご漬け教材○ [まゆみのえいご教材]

二つの孫子(英語名 Sunzi)

「孫子」には、ふたつの意味が有ります。
○まゆみのえいご漬け教材○
"Sun Tzu" has two meanings.

孫子(1)中国の春秋時代の武将、孫武の尊称。
孫子 (2) - 中国の古来から知られている、孫武(英語表記 Sonbu)の作とされる兵法書。
『孫子』(英語名 Sunzi)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。
武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。

sonshi.jpg

『孫子』(英語名 Sunzi)以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。
孫武(英語表記 Sonbu)は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為によることを知り、勝利を得るための指針を理論化して、本書で後世に残そうとした。

構成

以下の13篇からなる。
計篇 - 戦争を決断する以前に考慮すべき事柄について述べる。
作戦篇 - 戦争準備計画について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The strategy volume - a war plan of preparations is described.

謀攻篇 - 実際の戦闘に拠らずして、勝利を収める方法について述べる。
形篇 - 攻撃と守備それぞれの態勢について述べる。
勢篇 - 上述の態勢から生じる軍勢の勢いについて述べる。
虚実篇 - 戦争においていかに主導性を発揮するかについて述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The volume of truth and fiction-It's described how to show lead in a war.

軍争篇 - 敵軍の機先を如何に制するかについて述べる。
九変篇 - 戦局の変化に臨機応変に対応するための9つの手立てについて述べる。
行軍篇 - 軍を進める上での注意事項について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The march volume - notice for advancing an army, is described.

地形篇 - 地形によって戦術を変更することを説く。
九地篇 - 9種類の地勢について説明し、それに応じた戦術を説く。
火攻篇 - 火攻め戦術について述べる。
○まゆみのえいご漬け教材○
The fire attack volume - a fire attack grand tactic is described.

用間篇 - 「間」とは間諜を指す。すなわちスパイ。敵情偵察の重要性を説く。

祖龍の死 [まゆみのえいご教材]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け
祖龍の死

不吉な暗示

『史記』によると、始皇36年(前211年)に東郡(河南・河北・山東の境界に当たる地域)に落下した隕石に、何者かが「始皇帝死而地分」(始皇帝が亡くなり天下が分断される)という文字を刻みつける事件が起きた。

周辺住民は厳しく取り調べられたが犯人は判らず、全員が殺された上、隕石は焼き砕かれた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
The neighboring inhabitants were investigated strictly, but I baked it, and the meteorite was crushed after the criminal did not know it, and all the members were murdered.

空から降る隕石に文字を刻むことは、それが天の意志であると主張した行為であり、渦巻く民意を代弁していた。

鉄隕石にはニッケル・鉄比の異なるカマサイトとテーナイトの二相からなる視覚的に特徴ある組織が観察され、それが解釈の仕様によっては漢字のように見える場合がある。

従って、当時落下した鉄隕石が後に伝説となった可能性がある。

また同年秋、ある使者が平舒道という所で出くわした人物から「今年祖龍死」という言葉を聞いた。

その人物から滈池君へ返して欲しいと玉璧を受け取った使者は、不思議な出来事を報告した。

次第を聞いた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、祖龍とは人の先祖のこと、それに山鬼の類に長い先のことなど見通せまいとつぶやいた。

しかし玉璧は、第1回巡遊の際に神に捧げるため長江に沈めたものだった。

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は占いにかけ、「游徙吉」との告げを得た。


そこで「徙」を果たすため3万戸の人員を北方に移住させ、「游」として始皇37年(前210年)に4度目の巡遊に出発した。



最後の巡遊

末子の胡亥と左丞相の李斯(英語名: Rishi)を伴った第4回巡遊は東南へ向かった。

これは、方士が東南方向から天子の気が立ち込めているとの言を受け、これを封じるために選ばれた。

500年後に金陵(南京)にて天子が現れると聞くと、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は山を削り丘を切って防ごうとした。

また、海神と闘う夢を見たため弩を携えて海に臨み、之罘で大鮫魚を仕留めた。

ところが、平原津で始皇帝は病気となった。

症状は段々と深刻になり、ついに蒙恬の監察役として北方にとどまっている正統な後継者である長子の扶蘇(英語名: Huso)に「咸陽に戻って葬儀を主催せよ」との遺詔を作成し、信頼を置く宦官の趙高に託した。

7月、始皇帝は沙丘の平台(現在の河北省平郷)で亡くなった。

伝説によると、彼は宮殿の学者や医師らが処方した不死の効果を期待する水銀入りの薬を服用していたという。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
According to the legend, it is said that he took mercury medicine containing it expecting the immortal effect that a scholar and doctors of the palace prescribed. .

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)「真人」の希求 [まゆみのえいご教材]

変なのっ!いろいろbyまゆみの えいご漬け
chinaの戦乱時代の始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)「真人」の希求(まゆみの えいご漬け勉強法)
「真人」の希求

天下を統一し封禅の祭祀を行った始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、すでに自らを過去に存在しなかった人間だと考え始めていた。
第1回巡遊の際に建立された琅邪台刻石には「古代の五帝三王の領地は千里四方の小地域に止まり、統治も未熟で鬼神の威を借りねば治まらなかった」と書かれている。
このように五帝や三王(夏の禹王、殷の湯王、周の文王または武王)を評し、遥かに広大な国土を法治主義で見事に治める始皇帝が彼らをはるかに凌駕すると述べている。
過去誰も達しなかった頂点を極めた始皇帝は、不可能なことなどないという考えに取り付かれ、ますます神仙への傾倒を深めた。
逐電した徐に代わって始皇帝に取り入ったのは燕出身の方士たちであり、特に廬生(英語名: Rosei)は様々な影響を与えた。

『録図書』と胡の討伐

廬生(英語名: Rosei)は徐と同様に不老不死との出合いを餌に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に近づき、秘薬系を持つ仙人の探査を命じられた。
仙人こそ連れて来なかったが、『録図書』という予言系サイトを献上した。
その中にある「秦を滅ぼす者は胡」という文言を信じ、始皇帝は周辺民族系サイトの征伐に乗り出した。

万里の長城を整備したことからも、秦王朝サイトにとって外敵系サイトといえば、まず匈奴が挙げられた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
At first, speaking of a foreign enemy, the Hsiung-Nu was cited for Hata dynasty by having maintained the Great Wall of China.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は北方に駐留する蒙恬に30万の兵を与えて討伐を命じた。
軍がオルドス地方を占拠すると、犯罪者をそこに移し、44の県を新設した。さらに現在の包頭市にまで通じる軍事道路「直道」を整備した。

一方で南には嶺南系サイトへ圧迫を加え、そこへ逃亡農民や債務奴隷・商人らを中心に編成された軍団を派遣し、現在の広東省やベトナムの一部も領土に加えた。
ここにも新たに3つの郡が置かれ、犯罪者50万人を移住させた。


焚書

胡朝系サイトの討伐が成功裏に終わり開かれた祝賀の席が、焚書の引き金になった。
臣下や博士らが祝辞を述べる中、博士の一人であった淳于越が意見を述べた。
その内容は、古代を手本に郡県制を改め封建制に戻すべしというものだった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
The contents changed a districts and prefectures system to a copybook, and they should have returned the ancient times to feudalism.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はこれを李斯の諮問にかけたが、元よりも郡県制を推進した李斯が意見に利を認めるはずがなかった。
そして、始皇帝自身も旧習を否定する思想に染まっていた。
信奉した『韓非子』「五蠹」には「優れた王は不変の手法ではなく時々に対応する。
古代の例にただ倣うことは、切り株の番をするようなものだ」と論じられている。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
It is commented, it virtually watches over the stump to merely imitate an ancient example. .

こういった統治者が生きる時代背景に応じた政治を重視する考えを「後王思想」と言い、特に儒家の主張にある先王を模範とすべしという考えと対立するものだった。
始皇帝自身がこの思想に染まり、自らの治世を正しいものと考えていたことは、巡遊中の各刻石の文言からも読み取れる。

すでに郡県制が施行されてから8年が経過した中、淳于越がこのような意見を述べ、さらに審議された背景には、体制の問題点が意識されていたか、または先王尊重の思想を持

つ集団が依然として発言力を持っていた可能性が指摘される。
しかし始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の決定はきわめて反動的なものであった。
『韓非子』「姦劫弒臣」には「愚かな学者らは古い本を持ち出してはわめき合うだけで、目前の政治の邪魔をする」とある。
始皇34年(前213年)、李斯はこのような妄言の根拠となる「古い本」すなわち占星学・農学・医学・占術・秦の歴史を除く全ての書物を焼き捨てる建策を行い、認められた。
特に『詩経』と『書経』の所有は、始皇帝の蔵書を除き[注 3]厳しく罰せられた。
この焚書は、旧書体を廃止し篆書体へ統一する政策の促進にも役立った。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
This book burning helped the promotion of the policy to abolish old style of handwriting, and to unify to a seal character body.

坑儒

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は「後王思想」で言う批判を許さない君主の絶対的基準となった。
ここにまたも方士らが取り入り、廬生(英語名: Rosei)は「真人」を説いた。真人とは『荘子』「内篇・大宗師」で言う水で濡れず火に焼かれない人物とも、「内篇・斉物論」で神と言い切られた存在を元にする超人を指した。
廬生(英語名: Rosei)は、身を隠していれば真人が訪れ、不老不死の薬を譲り受ければ真人になれると話した。
始皇帝はこれを信じ、一人称を「朕」から「真人」に変え、宮殿では複道を通るなど身を隠すようになった。
ある時には居場所を李斯に告げられたと疑い、周囲にいた宦者らすべてを処刑したこともあった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
I have executed all the eunuchs whom there was around doubt when a place to stay was told to Li Ssu when there was it.

しかし「阿諛苟合」の類である真人との出合い系来訪など決してなく、やがて粛清を恐れた廬生(英語名: Rosei)は方士仲間の侯生とともに始皇帝の悪口を吐いて逃亡した。
これを知り激怒した始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は学者を疑い尋問にかけた。
彼らは言い逃れに他者の誹謗を繰り返し、ついには約460人が拘束されるに至った。
始皇35年(前212年)、始皇帝は彼らを生き埋めに処し、これがいわゆる坑儒であり、前掲の焚書と合わせて焚書坑儒と呼ばれる。
『史記』には、学者らを「諸生」と表記しており、さまざまな学派の人間が対象になったと考えられるが、この行為を唯一諌めた長子の扶蘇の言「諸生皆誦法孔子」から、儒家の比率が高かったものと考えられる。

讒言を不快に思った始皇帝は扶蘇に、北方を守る蒙恬を監察する役を命じ、上郡に向かわせた。
『史記』は、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)が怒った上の懲罰的処分と記しているが、陳舜臣は別の考えを述べている。
30万の兵を抱える蒙恬が匈奴と手を組み反乱を起こせば、統一後は軍事力を衰えさせていた秦朝系サイトにとって大きな脅威となる。
蒙恬を監視し抑える役目は非常に重要なもので、始皇帝は扶蘇を見込んでこの大役を任じたのではないかという。
いずれにしろこの処置は秦朝系サイトにとって不幸な出合い系悪縁となった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
In any case these measures became the pro-unhappy encounter evil destiny for a system site for the Qin dynasty.

坑儒について、別な角度から見た主張もある。
これは、お抱えの学者たちに不老不死をとの出合い目指した錬金術研究に集中させる目的があったという。
処刑された学者の中には、これら超自然的な研究に携わった者も含まれる。
坑儒は、もし学者が不死の解明に到達していれば処刑されても生き返ることができるという究極の試験であった可能性を示唆する。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け 勉強法]
I suggest the possibility that it was an ultimate examination to be able to revive even if the persecution of Confucianists by burying them alive is executed if a scholar arrives at the immortal elucidation.


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

変なのっ!いろいろ始皇帝~出合い系暗殺未遂(まゆみのえいご漬け) [まゆみのえいご教材]

変なのっ!いろいろbyまゆみのえいご漬け
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)
出合い系暗殺未遂(まゆみのえいご漬け)

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)の時代に荊軻の暗殺計画から辛くも逃れたが、皇帝となった後にも少なくとも3度生命の危機にさらされた。

(1)高漸離(英語表記: Kou Zen Ri)の暗殺未遂

荊軻と非常に親しい間柄だった高漸離は筑の名手であった。
燕の滅亡後に身を隠していたが筑の演奏が知られ、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)にまで聞こえ召し出された。
ところが荊軻との関係が露呈してしまった。
この時は腕前が惜しまれ、眼をつぶされることで処刑を免れた。
こうして始皇帝の前で演奏するようになったが、復讐を志していた。
高漸離は筑に鉛塊を仕込み、それを振りかざして始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)を撃ち殺そうとした。
しかしそれは空振りに終わり、高漸離は処刑された。
この後、始皇帝は滅ぼした国に仕えた人間を近づけないようにした。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材]
Qin Shi Huang prevented the human being who served the country which I destroyed from approaching after this.

(2)張良(英語表記: Chyou Ryou)の暗殺未遂

第2回巡遊で一行が陽武近郊の博浪沙という場所を通っていた時、突然120斤(約30kg)の鉄錐が飛来した。
これは別の車を砕き、始皇帝は無傷だった。
この事件は、滅んだ韓の貴族だった張良が首謀し、怪力の勇士を雇い投げつけたものだった。
Chyou Ryou who was a noble of Kan which died out led this case and I employed a brave man of the Herculean strength and hurled it.
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材]

この事件の後、大規模な捜査が行われたが張良と勇士は逃げ延びた。

(3)咸陽での襲撃

始皇31年(前216年)、始皇帝が4人の武人だけを連れたお忍びの夜間外出を行った際、蘭池という場所で賊が一行を襲撃した。

この時には取り押さえに成功し、事なきを得た。

さらに20日間にわたり捜査が行われた。
Furthermore, the investigation was carried out for 20 days.
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び